米朝首脳会談が決裂、軍事介入に一歩近づいた?

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

最新記事 by 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 (全て見る)

 2月28日にベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談は、何の合意にも達することはできなかった。詳細はまだ分からないが、北朝鮮が核廃棄をチラつかせるだけで見返りをもらおうとする姿勢はトランプ大統領には通用しなかったということなのだろう。

アメリカによる軍事介入はあるのかも…

 昨晩のNHKのニュースを見ていたら、米朝がカードを切り合う解説をして、合意成立が前提のようだった。それだと金正日時代の米朝の交渉と変わらないわけで(そんなに甘いものなのかな)と思ってはいたが…。

 以前から、僕は最後は米国による軍事介入があると言っているのだが、その可能性もチラリとだが見えてきたような気がする。

 誰も言わないなら言いましょう「北朝鮮に軍事介を」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。