反省無し?河村たかし市長 金メダル噛む失礼

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

最新記事 by 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 (全て見る)

 名古屋市の河村たかし市長が8月4日、表敬訪問に訪れたソフトボール日本代表の後藤希友(みう)選手(20)の金メダルを噛んだ。その後、批判が殺到したことで、翌5日に謝罪の会見をしたが、とても反省しているように見えないものであった。

■ソフトボール後藤希友選手の金メダルを噛む不敬

後藤選手の金メダルを噛む河村市長(CBC TV画面から)

 ソフトボール日本代表の後藤選手が金メダルを獲得した報告のため、4日に名古屋市長を表敬訪問した時に事件は起きた。後藤選手から金メダルを首にかけられた河村市長はマスクをずらして、直接、金メダルを噛んだ。メダリストが獲得したメダルを嬉しさの表現として噛むシーンは目にするが、他者が噛むという行為は過去に例がないように思う。

 後藤選手は笑っているように見えたが、場の雰囲気に合わせたのか、本当に面白かったのか、そのあたりは分からない。

 市長の行為に対してSNS上で「失礼だ」「感染対策上も問題がある」などと批判の声が殺到した。後藤選手の所属先のトヨタ自動車も「アスリートへの敬意や賞賛、また感染予防への配慮が感じられず、大変残念に思います」というコメントを発表。

 同日、市長は「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は、あこがれだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」と、書面で謝罪コメントを発表した(CBCニュース:「最大の愛情表現だった。ごめんなさい」…金メダルかじり河村市長が謝罪)。

 さらに翌5日には謝罪会見を開いたが、謝罪文をつっかえつっかえ読み、不貞腐れたような話し方で、逆に誠意のなさを感じさせる結果となったと言っていい。

■「えーー、ご不快な思い…を、思いを、と、思いとご迷惑を…」

 謝罪会見の様子は、メ~テレニュースがYouTubeにアップしている(【ノーカット】“金メダルかじり”で批判殺到 河村たかし名古屋市長が謝罪会見)。

 冒頭、名古屋市側は記者に謝罪文書を配布したが、記者から読み上げてほしいという要望が出されると、「あ、読み上げて?」と軽く答えると、視線を下に落として読み始めた。

 「この度、トヨタ自動車様御所属の、え~後藤…希友(みう)選手はじめ…」と読んだが、後藤選手の下の名前がすぐに出てこないかのような読み方であった。

 さらに「…優勝報告として、しょ、しょうしょ、しょうしょく(小職)をご訪問をいただいた際、えーーーー、軽率にも、ご本人様の長年の努力の結晶であります金メダルを汚す行為に及びました。名古屋市長としての立場を弁えない、えーー極めて不適切な行為であることを猛省すべき…と痛感しており、ご本人様はもとより、関係者の皆様に多大なる、えーー、ご不快な思い…を、思いを、と、思いとご迷惑をおかけし、まことに申し訳なく心からお詫びを申し上げます」と続けた。

 おそらくこの謝罪文は自分で書いたものではないのであろう。後藤選手の名前がすぐに出てこなかったり、「小職」をすぐに読めなかったり、「思いとご迷惑」の中の「と」を「を」と認識していたかのように読んだり、という事実から、部下が書いたものを読み上げていたとしか思えない。

 謝罪文をトヨタ自動車に対してアポ無しで副市長らに届けさせ、受付に置いてきたという経緯を市長室長が説明している間、退屈そうに首を横にするような場面も見られた。

 記者との応答の中では「(セクハラではという質問に)全然、僕はそんな認識はないですね、はい。」「まあ、あのハラスメントは日本語で言うと嫌がらせという意味ですけど、嫌がらせという認識は全くなかったですけどね。ええ。ただ、あんまり言わん方がええけどね。」とセクハラではないという認識を明らかにした。

 今の気持ちを聞かれると「今はだから、もっと、その、えー、まあ、後藤さんにとってすりゃあ宝物だったわけでしょう? えー、そういうことについて申し訳…思いをデリケートにいたすべきであったなぁ、と、配慮が足らんかったな、まあ、そういう風に思ってますけど。…」と話した。

 また、あらためて後藤選手への想いを聞かれると「いや、まあ、あの…宝物だったわけで、まあ、配慮が足らん、すいませんと、申し訳ないねということですよ。」と話した。

■選手とメダルに対する敬意を持つべき

市長、本当に反省してますか?(メ〜テレ画面から)

 話しながら後ろに手を回し、体を揺らし、他人事のように語る姿から、どう見ても誠意のない態度に見える。そもそもメダルを噛んだ4日は「迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」というコメントを出しているのであるから、その時点では迷惑をかけたかどうかは自分でははっきりと認識していなかったのは明らか。

 1日経って全面謝罪になったという経緯と、翌5日の会見の様子を見ても、反省はしておらず、迷惑をかけたと思ってもいないと判断されても仕方がない。

 五輪という大きな目標に向け、人生をかけて競技に取り組む選手を、僕は尊敬する。多くの国民も同じ思いと信じる。結果を出した選手はもちろん、思うような結果を残せなかった選手であっても、ひたむきに努力を重ねた人への敬意は変わらないはず。人として当然はらうべき敬意には選手の年齢も性別も競技の結果も関係ない。

 努力を重ねて得た象徴がメダルであり、当然、それにも敬意を持って接するべきである。親愛の情を示した、あるいは場を盛り上げて訪問してくれた選手を笑顔にしたいと思ったのかもしれないが、いかに市長が気さくな物言いを売りにしている政治家とはいえ、ベースに選手やメダルに敬意があれば、決してメダルを噛むなどの行為には及ばないはず。

 市長に最も足りなかったのは、訪問してくれた選手や努力の象徴であるメダルに対する敬意であると、僕は思う。

 このような行為が新型コロナウイルス禍で行われたことも問題視されている点もうなずけるが、仮にコロナ禍でなくても、市長の行為が許し難いものであることは変わらないと思う。

■「デリカシーの無さ」で済ませていい問題か

 この件に関し、弁護士の北村晴男氏は「『このおっさんのデリカシーの無さは笑えるなー』が私、『このおっさんのデリカシーの無さは笑えない、絶対に許せない』が皆さん。感じ方は違うな、とつくづく思う。…」とツイートした(8月5日午後3:59投稿)。

 この問題を「デリカシーがない」で済ませる、北村氏の考えは理解できない。本質的な問題は選手やメダルへの敬意の欠如であり、それが行動に現れたことが問題になっていると思われる。メダルを噛んだ行為そのものはもちろんだが、そのような行為に及ぶ思考回路、精神構造が批判されている点を殊更無視しているように見える。

 そして、河村氏も北村氏も後藤選手のことをどこかで(20歳の小娘)という目で見ているように感じられ、同性、かつ、近い世代の人間として極めて不快である。

 世代を一括りにして批判する気はないが、こういう感性・考えしか持ち得ない人たちは表舞台から退場していただきたいと願っているのは僕だけではないと思う。

14 thoughts on “反省無し?河村たかし市長 金メダル噛む失礼

  1. アバター 月の桂 より:

    汚らわしいの一言です。
    反省しているとは、とても思えません。
    セクハラの認識は無い?
    相手がセクハラと感じたらセクハラですよ。
    こういう行為に及ぶ人間は同じことを言いますね。そんなつもりじゃなかった…と。
    最大の愛情表現とは、誰に対して?何に対して?愛情なんて言葉を使うこと自体、汚らわしい。後藤希友選手が気の毒でなりません。

    〉河村氏も北村氏も後藤選手のことをどこかで(20歳の小娘)という目で見ているように感じられーーー

    同感です。
    男子選手ならば、しなかったでしょう。
    女性蔑視としか思えません。この年代の爺さんは、男尊女卑が当然で、男性優位の何が悪い!とばかりに偉そうに生きてきた世代です。今さら考えは変わりませんよ。
    北村弁護士にも失望しました。

    〉世代を一括りにして批判する気はないが、こういう感性・考えしか持ち得ない人たちは表舞台から退場していただきたいーーー

    私は、世代を一括りに毛嫌いしています。
    この世代で、まともな人に会ったことがない。この世代は、ページをめくる際に指を舐め唾をつけます。自分専用の資料なら別ですが、配布資料に唾をつけて渡すのは止めて頂きたい。図書館の本にさえ、唾つけて読んでますから。そんな感性だから、選手にとって、大切な大切な金メダルをかじって唾をつけても平気でいられるんです。
    コロナ渦だから危険というより、まともな人間ならやらない行動です。
    カフェに数人で集まって大声で談笑するのもこの世代。近くで学生さんが勉強していても、平気で喋りまくってます。まさに老害。

    後藤希友選手には心底、同情します。
    難しいでしょうが、このヒトデナシ市長には自腹でメダルを新たに発注して欲しい。
    ごめんなさいで済む話ではありません。

    1. アバター 通りすがり より:

      >私は、世代を一括りに毛嫌いしています。

      それは単なる差別では?十把一絡げに不特定多数の他人を貶すのはお辞めになった方がいい。
      河村氏他許せない気持ちはわかるが、言葉は選びましょう。

      1. アバター 月の桂 より:

        通りすがり 様

        差別とお感じになられるのなら、それで結構です。一つのご意見として聞き流すこととします。聞き流すとした理由は、コメントの公開が承認制だからです。公開するか否かは、サイトの管理者である松田氏が判断します。公開されたということは、コメント内容や表現が公開基準をクリアしていたからだと理解しています。私の内心と老人の愚行の事実を書いたに過ぎず、承認されたその書き様は誰からも侵害されないものだと認識しています。老人も、今どきの若いもんは~と十把一絡げで世代に対して文句を言いますし、お互い様でしょう。また、人の道に外れた行動をする者をヒトデナシと表現することに、些かも抵抗はありません。こちらで、拙い感想を述べる程度で満足している私など、市長には何の影響もありませんよ。問題なのは、直接攻撃(苦情のメールや電話)する私刑執行人達ですね。血祭りにするのは、さすがにやり過ぎだと思います。

  2. アバター ななし より:

    松田さんこんにちわ
    愛知県民です。
    昨年の大村知事リコール騒動から河村さんには不信感しかありません。
    特にコロナだと言っているのに名古屋の繁華街で高須克弥氏と演説したり田原市まで行って署名して貰ったり謎の行動が多いです。

    天才たけしの元気が出るテレビで
    高田純次さんがメダルを食べたことがあるそうですかお笑い番組にメダルを持っていくとなれば選手も覚悟しているでしょう。
    河村市長も見たのかもしれませんが、後藤選手は若すぎてしらないでしょうね。

    でっち上げリコールなんかする人は、やはり思考が片寄っているのでしょう。
    辞任ですね。

    1. アバター ちはやふる より:

      大村知事リコールには、私は大賛成です。日本を徹底的に侮辱し、汚名を着せるような展示会を催すような知事は許せません。日本の名誉を守るため、左翼と闘っている河村氏や高須氏を私は尊敬しています。今回の件は残念ですが。

      1. アバター ななし より:

        別に知事が好きでやったわけではありません。
        実行委員会が主宰したものを事前審査する事ができない。
        数千もある作品を県知事がチェックできるわけがない。
        サカナクションや純烈のコンサートもトリエンナーレ2019の一部でした。
        さらに他の博物館や美術館で展示されたことのある作品を県知事一存で展示を止めさせるのは検閲にあたります。
        大村知事は法律を守っただけでその事は副長だった河村市長も知っています。
        河村市長は副長権限でトリエンナーレ2019を中止にする事もできた、が、法律違反になることが分かっていたから5分の座り込みをしただけです。
        大村知事や政策に好き嫌いはあると思いますが、トリエンナーレ2019に関しては大村知事は中止にできなかった。中止にすれば法律違反になる。が真祖です。
        余談ですが大村知事は西三河の進学校から現役で東大法学部現役合格しています。
        がこの学校の偏差値は河村市長、高須克弥氏の母校に比べれば下になります。
        幼い頃、犬に噛まれ顔に大怪我を負い苛められたのを勉強で挽回されたそうです。
        何針も縫う命に関わる大怪我を
        「大村知事を噛んだ犬を表彰したい」とからかった高須克弥氏、金メダルを噛んだ河村市長。2人共、「人でなし」だと思います。

        1. アバター 通りすがり より:

          私も大村氏のリコールには賛成。
          現在詳らかにされている情報から判断しても、あれは知事権限で止められなかったのではなく、むしろ率先して加担していたようにしか見えない。

          1. アバター 匿名 より:

            県主催のイベントを知事が支持するのは当然です。
            ただ表現の不自由展その後に関しては現物ではなく写真に置き換えれないか検討されたそうですが製作者の権利を考え現物(一部レプリカ)を展示になりました。
            撮影禁止の作品が盗撮されSNSにあげられそれを見た人が作品と作者を非難し、法律を守った知事をリコールしようとする。
            正直者が虐げられる世の中にしてはいけません。

  3. アバター より:

    この件、本人(後藤選手)はどう言ってる(思ってる)のかなあ。

    まあ、何か言える状況では無いけど、関係ない人ばかり騒いでいる気がして。
    というか、反市長派がここぞとばかりに煽ってるように見える。

    正直、騒ぎの方が迷惑になっているのでは無いかと思うがなあ。

    1. アバター 月の桂 より:

      ん 様

      単なる批判から、市長への私刑執行に移って来ましたね。それは行き過ぎ。血祭りにするのは間違っています。
      大会組織委員会の中村英正統括が、メダルの交換を検討して下さるとか。
      後藤選手のお気持ち次第ですが、交換出来るならそうしてあげたいですね。

      1. アバター 匿名 より:

        コロナで自粛をお願いする立場の人が人前でマスク外してメダルや金鯱に噛みついたら、(この人でコロナ対策できるのか?)と疑問に思うのは当然だと思う。

  4. アバター ななし より:

    後藤選手が
    「泣きそうになった。消毒した。」
    と発言し
    所属するTOYOTAが社長名で抗議文を市に送り、謝罪に訪れた市長を本社にいれなかった事で、後藤選手、TOYOTAを悲しませる、怒らせる言動を市長がしたのでしょう。
    名古屋市と仲違いしてTOYOTAにいいことはありません。

    個人的には子供たちが「名古屋を走ってたの?」と見ていた科学館のSLが突然なくなり富山県でバラバラのスクラップ状態で保管されているのが残念です。学芸員さんのブログにもすぐ戻ってくるみたいに書いてあったのに。
    エンジンが動くかを確認するだけで数千万かかり復元、輸送の費用が出せず今後も未定です。市長の思いつきだけで血税が無駄に。
    市民の財産のSLも。

    1. アバター より:

      「泣きそうになった。消毒した。」

      これ、後藤選手言ったの?
      そんなソースが見当たらないけど別人じゃないの?

      あ、噛まれたら汚いから嫌だと思うけど、事実と異なる批判は良くない。

  5. アバター MR.CB より:

    》》ジャーナリスト松田様

    同氏は国会議員や大都市の市長を務め、気さくな人柄とおもしろキャラで支持されてきました。
    今回の件をこれまで支持してきた人たちがどう評価するか、しっかりと見守りたいと思います。謝罪会見を見る限り、恐らく自ら職を辞すことはないでしょうね。
    一般人と違い政治家の場合は、己の立場は自らの意思よりも有権者の意思で決まります。TOYOTA の素早い反応をみてもわかるように、同氏に対する名古屋市民の厳しいゴン攻めは避けられないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。