小西洋之 政治資金の謎(2)掘るは墓穴か陥穽か

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。

 小西洋之参院議員(立憲民主党)が23日、当サイト代表(松田隆)に架電してきた。記事の削除を求める一方で、当サイトが出した質問にも答えたため、今回は予定を変更して架電の内容をお伝えする。同議員の政治資金の謎はより深まる結果となった。

■架電してきた小西氏 

写真はイメージ、画はザビちゃん

 当サイトでは3月22日に小西氏に質問状を送付し、文書による回答を求めていた。設定した期限より早い3月23日午後2時30分過ぎ、秘書と思われる人物から電話があり、一言二言、言葉を交わした後、小西氏と直接話をする機会を得られた。

 まず、当サイトが小西氏に提出した質問を以下に示す。

Q01:小西ひろゆき後援会の政治資金収支報告書(令和元年~同3年)には、麻布食品株式会社よりアスクル文具を3年間で69万953円分購入したことが記載されていますが、月々の請求がある際に、購入した商品の明細は受け取っているのでしょうか

Q02:麻布食品株式会社に支払った金額、約69万円分の文具を実際に購入されたのでしょうか、また、購入されたとして、どのような商品を購入されたのでしょうか

Q03:麻布食品株式会社の代表取締役は河野二郎氏であることはご存知でしょうか

Q04:小西様、もしくは小西ひろゆき後援会の方は、麻布食品株式会社の取締役である武川清志氏とご面識がありますでしょうか

 この4つの質問に対する回答を、本人が言ったまま記することにする。

A01:明細を受け取ってる。

A02:購入品なんていわゆる文房具品ですよ。アスクルのカタログに載っているものを買ってるわけですよ。アスクルの代理店なんだから。

A03・A04:河野さんなり、武川さんなりは知らない。名前も知らないし、今回のあなたの記事で初めて知りました。

 A03、A04はどうでもいい。問題はA01とA02である。その点を説明しよう。

■領収証に書かれた文言

麻布食品発行とされる領収証

 第1回でも書いたが、資金管理団体の場合、備品・消耗品費は1件5万円以上のものについては、当該支出の目的を政治資金収支報告書に記載しなければならない(政治資金規正法12条2項、19条の5の2)が、5万円未満の場合は必要ない。小西ひろゆき後援会はすべて5万円未満なので明細を提出する必要はない。

 そうすると明細なしで麻布食品が請求をしていたとは思えず、小西氏も「請求書を受けて支払ってるんだから。そこの明細がなかったら、丼で金額だけ請求されたら、ウチも困るじゃないですか。」と話した。これは当然、予想された答えである。

 政治資金収支報告書には領収証の添付が必要で、これは行政文書開示請求をすれば見ることができる(開示決定に30日必要)。実際に取り寄せた領収証は写真に示したとおりで、赤い矢印の先に何が書かれてあるか注目していただきたい。

 <商品明細は「請求書等」をご参照ください。>

 もし、小西氏がこの領収証を事前に見てQ01への回答をするとしたら、「当然、商品明細はある」と答える。それを見ずに「政治資金規正法では5万円未満は明細は必要ないから、ない」と答えたら「doubt」である。流石にそんな見え見えの陥穽にハマる小西氏ではない。

 実際に明細があるのか筆者(松田)は分からないが、いずれにせよ小西氏は領収証を見ただけで明細書があることを確信できる。そのため、松田「明細はあるのか」、小西「あるよ」、松田「提出されていないじゃないか」、小西「よく見ろ、この領収証を。『商品明細は請求書等』と書いてあるだろう。そもそも5万円未満は明細を出さなくていいのを知らないのか」と、胸を張ることを考えていたのかもしれない。

 実はQ01の狙いは、そのように言ってもらうことである。つまり、「商品明細はすべての領収証に対応して、存在する」と言わせたら、「それを見せろ」と言えるのである。

■なぜ商品明細を見せない

 小西氏は自身のツイッターで当サイトの記事を捏造などと言っているようである。実は捏造と断定することができる手段がある。それは商品明細を全て見せることである。「アスクルからこれを買ったんだ」と商品明細と、残っている実物を叩きつければ、こちらとしては、その真贋を争うぐらいしか手がない。

 商品明細の存在は決定的な証拠で、それを持っていると言ったのなら、「あなたが私の記事を捏造と言うのなら、商品明細を見せてください。それが本物なら、あなたの言うとおりかもしれません」と言うだけである。その点に関する実際のやり取りを以下に再現する。

松田:…先生(小西氏)、もうちょっとよろしいですか? 明細っていうのは今、お手元にあるんですか?

小西:あります。請求書を受けて支払ってるんだから。そこの明細がなかったら、丼で金額だけ請求されたら、ウチも困るじゃないですか。

松田:たとえば、それを私のところにメールで送っていただくってことはでき・

小西:お断りします。

松田:あ、そうですか。

小西:まず、あなたがやってる違法、明らかな私に対する名誉毀損だと申し上げてるんだから、そこを誠心誠意、対応することが先だと、あの悪いけど、民事だけじゃないですからね。

 小西氏は一発で勝てる究極の兵器を持っていると言っているのであるから、それを使えばいいだけの話である。「法的措置」「優秀な顧問弁護士」「結婚されてますか? ご家族いますか?」など、誤解を招くようなことをあれこれ言うよりも商品明細を見せれば終わる話。

 こちらとしては、商品明細の提出があるまで、こう言い続けるだけである。

 「小西先生、なぜ、商品明細が出せないのですか? 出せばこのクソ生意気な記者に『参りました』と言わせることができるのに、ツイッター上の人々も黙らせることができるのに、なぜですか? 本当は持っていないのではないですか?」

 領収証に関してはもう1つ触れておこう。矢印の部分を再度、見ていただきたい。

 <商品明細は「請求書等」をご参照ください。>

 これが印字されているのがポイント。つまり、この領収証は5万円未満であることを前提にしているのである。もしかすると、5万円以上の領収証はあるのかもしれないが、それは総務省に提出されていない。そうすると、最初から麻布食品は交付する領収証は5万円未満と知っていたのではないかという推測も成り立つ。

 これも簡単な話で、小西氏が麻布食品に行って「5万円以上の時の領収証をください」と言ってもらってくればいい。事業を終えたどうこうの部分は、次回に触れるとして、そうすれば、とりあえず5万円以上の場合も想定されていたという証拠にはなるであろう。

■「アスクルと直接」の意味

アスクルをめぐる資金はどう流れた?

 続いてA02を見てみよう。

 A02:購入品なんていわゆる文房具品ですよ。アスクルのカタログに載っているものを買ってるわけですよ。アスクルの代理店なんだから。

 これを見て、何かおかしいと感じるのではないか。小西氏はアスクルの代理店、すなわち麻布食品から商品が届けられると思っているのではないか。第1回でアスクルのシステムを説明したので、もう1度、その図を使用して説明しよう。

 これを見れば一目瞭然、顧客はアスクルに直接商品を申し込み、アスクルから商品が配送されるシステムである。「アスクルの代理店なんだから」ということは、小西氏は麻布食品から商品を買うと勘違いをしていると思われる。

 実はもう1つ、このようなやり取りがあった。

小西:…ご存知なんだと思いますけど、麻布食品、昨年(2022年)の8月に事業を終えて、直接、うち、アスクルとやってるので。

松田:直接ですか?

小西:ああ。

松田:代理店通さないとできないでしょ、あそこ。

小西:いや、今アスクル直接やってるって秘書からも報告受けてますから。

松田:いや、それは多分、先生、違うと思います。

小西:いや、ただ、いいけど…

 つまり、このやり取りも加えて聞くと、麻布食品が事業を終えたので、今はアスクルと直接やっていると考えていることが分かる。それはすなわち、麻布食品が事業を終えたので、これまで麻布食品から買っていたものが、アスクルから直接買うことになったと言っているのである。

 これは前述したように事実と異なる。アスクルは直接、顧客から注文を受け、商品を届けるシステムで、代理店は債権回収などを行う。つまり、小西ひろゆき後援会は麻布食品がアスクルエージェントであった時期もアスクルに商品を注文し、アスクルから商品が届いていたはずである…実際に利用していたら。それを麻布食品の事業が終了云々で直接やりとりと言い出したということは、実は麻布食品の時代にアスクルから買ったことがなかったのではという推認が働く。

 いいですか? 小西先生、麻布食品から商品は買えません。商品は常にアスクルから届きます。

■小西先生答えを聞いていませんでしたか?

 小西氏の反論には実はこれ以外も再反論したい部分があり、当連載の信憑性にも関わるため、申し訳ないが次回第3回もそれを続けようと思う。

 読者サービスではないが、昨今、何かと話題になっている高市早苗氏に関して小西氏が言及した部分があったので、その点を示す。それによって会話(取材)の雰囲気を感じていただければと思う。

小西:でしょ? だから、もう、削除をしなさい。することを求めます。

松田:しなさい、ですか?

小西:ああ、しなさい、名誉毀損ですから、削除することを求めます。

松田:「しなさい」って言いましたよね、今ね。

小西:削除をしてください、ですよ。

松田:ああ、そうですか。

小西:削除しなさいとは言ってませんから。言ったと聞こえたなら撤回します。高市と違って私は撤回しますから、高市大臣と違って。

 最後に、小西氏のツイッターでの警告に答えておこう。「記者に誠意ある対応がなければ法的措置を取ると警告しました。」と書いてあったが、これは会話の中ではっきりと回答を伝えたが、伝わらなかったのであれば残念である。

 正直なところ、わざわざ本人が架電し、当サイトの質問に答えてくれた小西氏のご厚情には筆者なりに感謝している。そこで筆者からのお返しとして、答えた部分を、もう一度、示そうではないか。三度目はないので、よくご覧になっていただきたい。

小西:厳しい法的措置をとりますから。

松田:ああ、そうですか。

小西:きちんと対応してください。誠心誠意の対応があるんであれば、それはしませんから。

松田:誠心誠意? 正義に則って行動します。

第1回に戻る)

第3回に続く)

"小西洋之 政治資金の謎(2)掘るは墓穴か陥穽か"に31件のコメントがあります

  1. pomme より:

    議員になると「しなさい」と表現するんですね。
    ○○議員で十分でしょ。弁護士も○○弁護士でいい。先生と呼ぶから”教えてやる”という勘違い人間になる。草彅剛さん主演の政争ドラマが放送中ですが、誠実な議員秘書だったのに政治家になってからどんどん勘違いしていくのがよくわかります。
    私益無しで純粋に国民の為に働く政治家ってどれくらいいるんだろう。

    1. K坊 より:

      同意します。先生と呼ぶのは学校の先生とお医者さんだけ。

      1. nessie より:

        先生と呼ぶのは学校の先生とお医者だけ。
        はい、私も90歳になる元国家公務員の母に小学生の頃言われ、今も実践しています。

      2. 匿名 より:

        今どき電話を録音することが簡単に出来る事くらいわかると思うのですが、その上でこの会話内容…信じられない…

        1. pomme より:

          皆さま
          お返事有難うございます。

          小西議員は、「しなさい」だけではなく、「法的措置」「優秀な顧問弁護士」「結婚されてますか? ご家族いますか?」まで言っちゃってます。これは脅しですよね。
          記事なんて握り潰せると思ったんでしょうが自爆ですね。

  2. 野崎 より:

    見事なり、松田隆!!(呼び捨て失礼、この方がきまる!)

    高市早苗氏を冤罪に落とし込もうとし耳目を集める小西議員に予想外の切り口から声をかけた! 女にからむチンピラに,オイ! という感じである。

    墓穴を掘るとはこのことだろう。

    いや少なくとも自らが落ち込む穴を掘った、願わくば足首が落ちた程度の穴がさらに沈み込み墓穴へ至らんことを、数日前高市氏に無礼極まりない所業を成した女性議員二人そしてお仲間と共に

    まず小西議員の稚拙さである。
    松田氏を直接恫喝すれば記事を削除するとでも考えたのか? 電話応答がさらに記事になるとは考えなかったのか、、

    商品明細はおそらくあるまい、その根拠は記事にある通り所持しているならばそれこそ鬼の首を取ったように居丈高に松田氏を糾弾しただろう。

    小西議員は松田氏に電話することにより自ら問題を大きくしてしまうという理解力が無いのか、

    注目すべきポイントは
    >小西:でしょ? だから、もう、削除をしなさい。することを求めます。

    こ奴等は言論表現の自由を封殺するのだ、真にファシストなのである。
    こ奴等としたのは仲間達もしかり、

    その内の代表的人物、福島瑞穂とその仲間の行動、以下。

    朝日新聞デジタル 2023年2月7日 20時03分
    相次ぐ差別発言が問題となり、昨年末に総務政務官を事実上更迭された杉田水脈衆院議員(自民党)の言動をめぐって、アイヌ民族や在日コリアンの女性らが7日、杉田氏のブログ記事を「差別扇動のヘイトスピーチ」と認めるよう求める斎藤健法相あての要請文を提出した。

    ↑ 上記には福島瑞穂が加わっている。
    杉田議員の言論表現活動を圧殺せんとするファシスト共の攻撃である。

    ご返信は不要です。

  3. 通りすがり より:

    小西のような輩が国民から直接支持を受けた訳でもなく比例ゾンビで棚ぼた的に得た議員バッジを以て、先生呼ばわりされていい気になりながら日本の国や国民の利益に資する仕事は全くしない(というかできる能力がない)ばかりか、国のため国民のために必死に仕事している人物の脚を引っ張るのが専門で、国民の負担した税金を原資とした決して安くはない歳費を無駄に食み続けるようなことは絶対にあってはならないこと。

    政治資金で一読の価値すらないしょうもない自著を爆買いしたり、今回のような不明瞭な出費が確認されるなどもっての外。
    普段自分らが疑惑をかけた相手に自分が無実であることの挙証責任を求めているのだから(これを世に「悪魔の証明」という)、今回の件も自らの潔白を挙証する責任は当然小西にあるとするのが妥当。

    論点を無理筋な方向にずらしてまで高市氏を議員辞職させようと血道を上げているようだが、今回の件で高市氏、ましてや安倍元総理に法に反するような落ち度などない。
    犯罪行為があるとすればそれは小西らの国家公務員法違反だけだ。
    今回の茶番を仕掛けた連中には然るべき報いを。そして小西には可及的速やかな議員辞職を求める。

  4. 闇鳥 より:

    これはあくまでも私の想像です。
    今回の総務文書騒動、もし河野太郎や親中派の議員たちがセキュリティクリアランス法制化を阻止、あるいは高市さんを次期総裁候補から除外するために、小西と結託して絵を描いたとしたら。
    政治資金規正法違反より、そちらの関係を暴露されたらとんでもないスキャンダルになりそうですね。

  5. kt より:

    (以下引用)
    小西氏は一発で勝てる究極の兵器を持っていると言っているのであるから、それを使えばいいだけの話である。「法的措置」「優秀な顧問弁護士」「結婚されてますか? ご家族いますか?」など、誤解を招くようなことをあれこれ言うよりも商品明細を見せれば終わる話。
    (引用終わり)
    ⇒「結婚されてますか? ご家族いますか?」
    これは明らかにその筋の方たちが用いる表現で<家族に危害を加えてもいいか>との脅し文句。
    虎ノ門ニュースで有本先生が紹介していた在日ウイグル人への中国人からの脅迫電話の通話内容と同じ表現ですね。
    これを言ったのであれば非常に怖いと思いました。
    はっきり言って、民間人への恫喝・脅迫と受け取られてもおかしくありませんね。

  6. アスクルユーザー より:

    アスクルユーザーです。
    ウチがアスクルから受け取る領収書と書式が別物ですね。
    代理店は介在していますが領収書はアスクルの名前で発行されます。
    納品書には発行元として代理店の情報が記載されていますがアスクルのロゴが入っています。
    領収書にも納品書にも注文番号や領収書管理番号が記載されています。
    どういうことでしょうね。

    1. 匿名 より:

      新たな発見ですね(笑)
      これも松田さんの武器にしてもらいたいところです。

    2. J. より:

      そうですよね。小西さん達も麻布食品さん自体も、アスクル使った事無いんでしょうね。
      アスクル使っていたら、顧客側にはエージェントが見えません。麻布食品を指定されたというのもおかしな話。エージェントが麻布食品なのか、途中から変わったのか、ましてや廃業したかなんて不明のはずです。

      1. 匿名 より:

        エージェント(麻布食品)は、アスクルから自動割り当てされる仕組みだとアスクルHPに記載がある。
        麻布食品が廃業したなら、新たなエージェント(第2の麻布食品)もアスクルから自動割り当てされるはずので、廃業後にアスクルと直接取引に変わる話自体がおかしい。
        購入金額が少ないからエージェントが不要になったのか、取引履歴(銀行口座orクレジットカード引き落とし情報)から分かったのか、どちらにしても小西、アスクルへの質問しても埒があかない。
        今後は、疑惑解明のために裁判で開示請求するのが早いと思う。
        クラファンで資金を寄付したい!

        そろそろ元N党濱田議員が動くことも期待した

  7. 千葉カエル より:

    Good job!

  8. kt より:

    (以下引用)
    小西氏は一発で勝てる究極の兵器を持っていると言っているのであるから、それを使えばいいだけの話である。「法的措置」「優秀な顧問弁護士」「結婚されてますか? ご家族いますか?」など、誤解を招くようなことをあれこれ言うよりも商品明細を見せれば終わる話。
    (引用終わり)
    ⇒「結婚されてますか? ご家族いますか?」
    これは明らかにその筋の方たちが用いる表現で<家族に危害を加えてもいいか>との脅し文句。
    以前の虎ノ門ニュースで有本先生が指摘されていた在日ウイグル人に対する中国人からの脅迫電話と全く同じ表現ですね。
    これを言ったのであれば非常に怖いと思いました。
    はっきり言って、国会議員から一民間人への恫喝・脅迫の類ですね。
    音声を録音して保存しておく必要がありますね。

  9. 匿名 より:

    アスクルが政治家連中のマネロンに加担していたとすると、とんでもない大事件に発展するかもしれませんね。

  10. アスクルユーザー2 より:

    アスクルのユーザーです。
    口座振替なので、領収書の書式は分かりませんが、
    前述のアスクルユーザーさんと請求書の書式は同様です。

    明細の欄にはアスクルの透かし文字が入っているので
    アスクル指定の仕様なのではないかと思います。

    ご要望があれば、請求書の様式を参考資料として提供させて頂く事は
    可能です。

    応援しています。

    1. ホーム長 より:

      今どき電話を録音することが簡単に出来る事くらいわかると思うのですが…それでもこんな会話しかできないとは…

      1. 今年還暦 より:

        この記事をマスゴミに取り上げさせる手段を皆さんで真剣に考える事がこの国を良くする第一歩かもしれません…

  11. スーパーヒトシ君 より:

    松田さん
    さらなる事実を追求してください
    小西の恫喝に、負けないでください
    チンピラに襲われないように
    注意してください

  12. オーバーカッセル より:

    私の所もアスクルとの取引をしていますがこの様な領収書が存在するのを初めて拝見しました。うちは経費処理は毎月アスクルから送られて来る明細書で行なっていてわざわざ別の領収書は請求していません。(請求する必要はありません)

    小西氏は明細書があるという事なので、別に難しく考える必要はなくオープンにすれば簡単に済む話だと思います。たかが消耗品の内容云々で大騒ぎするのはとても不思議に思います。

    1. ホーム長 より:

      今どき電話を録音することが簡単に出来る事くらいわかると思うのですが…それでもこんな会話しかできないとは…

  13. 今年還暦 より:

    この記事をマスゴミに取り上げさせる手段を皆さんで真剣に考える事がこの国を良くする第一歩かもしれません…

  14. 通りすがり より:

    小西との一連のやり取りをみてると、これ完全にヤクザのやり方でしょ。
    「そういえばオタクにかわいい奥さんいたっけね。うちも手荒なマネはしたくないんだよ。あんたが誠意を見せてくれるだけでうちは手を引くんだからさ。」みたいな。
    まんまヤクザだよ。

  15. 闇熊さんから来ましたー より:

    松田さんお見事です。
    アホの小西はアホだからすぐ
    トラップに引っかかりますね。

  16. まーくん より:

    早速ホームページを登録しました。
    月曜日のアサ8出演を楽しみにしています。

  17. TK より:

    人を貶めることをするからこの様になる。
    因果応報
    良いことすればよいことが巡る、悪いことをすれば悪いことが巡る。
    権力を持つと自分が偉くなったと勘違いする。典型的な方ですね

  18. 大阪不眠 より:

    小西議員が今回、国会に問題提起した趣旨は政治的な圧力によって放送法の解釈が歪められたのではないかということだったように思います(放送法の解釈は最終的には変更されてませんが)つまり、これはメディアによる表現の自由を政治的な圧力から擁護しなければならないという問題提起だったのでしょう。しかし、自身の言動に反論する国民には表現の自由はないという矛盾した振る舞い。もう呆れ果てます。議員は国政の代弁者であることから相応の権力を持っています。その権力者は国民からの非難に晒されて当然です。議員としての覚悟も自覚もない小西議員のような人に議員バッジをつける資格はありません。松田さんを応援します!頑張ってください!

  19. 私もアスクルから時々購入します。アスクルから直接商品が来ますし、明細付き領収書を付いてきます。怪しい小西の弁ですね。これは政界を揺るがす大事件になるかもしれませんね。有本香さんも日本端子のびるに偵察に行ったそうです。百田先生に電話していました。なんか変だったそうです。松田様身体気をつけて下さい。安倍さんの事もありますし政界の悪が動き始まるかもしれません。

  20. ポニョ より:

    「真実の追究が目的ではなく、実際に権利を行使するつもりもないのに、相手を怖がらせる目的で「法的手段をとる」といった発言をした場合には、脅迫罪が成立する可能性があるのです。

    「法的手段をとる」という発言以外にも、「警察に通報する」「裁判を提起する」「告訴する」「不正を告発する」などの発言や行動も、同様に、脅迫罪が成立する可能性があります。
    また、相手の行為に違法性や不当性がないことが明らかなのに、因縁をつけて「法的手段をとる」と述べた場合も、適法な行為とはいえません。したがって、単なる脅しの言葉と捉えられて脅迫罪が成立するおそれがあります。」

  21. より:

    領収書に収入印紙が貼られていませんね。
    この金額であれば200円の印紙が必要なはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です