陰謀論を唱えるラサール石井氏 オウム真理教信者の思考回路との相似性

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。

 タレントのラサール石井氏(64)の11月16日のツイートが話題になっている。沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事について、政府が都合の悪い時に芸能人が逮捕されるとし、次期逮捕予定者がいて、誰かが(逮捕に)ゴーサインを出している、というものである。こうした理解に苦しむ主張は、かつてのオウム真理教を彷彿させる。

■逮捕にゴーサインを出せるのは裁判官

ラサール石井氏のツイートから

 ラサール石井氏のツイートの全文は「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ。」というもの。

 ラサール石井氏の頭の中では「桜の会の問題で政府が対応に追われている。そろそろ国民の目を逸らすために、芸能人を逮捕するか。よし、沢尻エリカを引っ張ってこい!」と命令を出している人物がいるのであろう。元芸能人枠の田代まさし容疑者も、その類いなのかもしれない。

 ちなみに捜査機関による逮捕に最終的にゴーサインを出せる人は、逮捕状を発付する裁判官(刑事訴訟法199条2項、210条後段)。「明らかに逮捕の必要がないと認めるとき」は逮捕状の請求は却下される(199条2項、刑事訴訟規則143条の3)から、最終的な逮捕の可否を決めるのは裁判官である。ラサール石井氏は裁判官が次期逮捕予定者リストを見て、ゴーサインを出していると言っているに等しい。

■ラサール石井氏とオウム真理教の共通点

 ラサール石井氏にあれこれ言うのもバカバカしいが、我々はこうした根拠のない思い込みを、あたかも事実のように言い出す人たちを目にしてきた。

 若い方はご存知ないかもしれないが、1990年代に数々の凶悪犯罪を起こしたオウム真理教の信者たちである。例えば、当時のオウム真理教の幹部が主張していたのは以下のようなことである。映像はこちら

・オウム真理教は米軍から毒ガス攻撃を受けている。

・阪神・淡路大地震(兵庫県南部地震)は大国による地震兵器によるものである。

 高学歴の信者が多かったオウム真理教だが、このような滑稽な主張を大真面目に主張し、信じ込んでいた者が多数存在した。証拠は示せないが自分はこうだと信じている、悪い連中はこういうことをしているに違いないと信じ込むのは、もはや論理的に物事を考えられなくなった証。

 ラサール石井氏のような有名進学校を卒業し、論理的に物事を考えることができるはずの人もこうなってしまうとは…。「ひょうきん族」をリアルタイムで観て、ラサール石井氏の活躍を知る世代としては、何とも悲しい状況である。ついでに言えば、ラ・サール高校の後輩たちは、OBの言動にとても恥ずかしい思いをしていると思う。

5 thoughts on “陰謀論を唱えるラサール石井氏 オウム真理教信者の思考回路との相似性

  1. アバター 山口 秀明 より:

    日本は自由ですね。政府に対して暴言を吐こうがデマや讒言を書こうがお咎めが無い。森裕子議員は毎日新聞のデマを国会で一般市民を犯罪者呼ばわりしている。自分の質問通告が遅れて、台風で官僚が帰れず、残業している事実の論点ずらしで漏えいだと吠えている。被災地やこれから尋常ではない災害が起こるかもしれない、状況で防災減災の為に国会議員は知恵を絞って政策を考えて欲しいのに、「桜を観る会」で解散に追い込むと張り切る、立憲の枝野氏。まっとうな政治をして欲しい!

    1. matsuda matsuda より:

      >>山口秀秋様
       コメントをありがとうございます。
       日本は表現の自由が保障され、その結果、無責任で時に他者を傷つける表現がされることもあります。それは民主主義、自由主義というのはコストがかかるということなのでしょう。バカだな、と思う人間の発言も一応は機会を与えないといけません。

       有権者を適当に騙して、なってはいけない人が市長になってしまうのもその類で、民主主義というのは実は効率の悪いシステムなのだとつくづく思います。

  2. アバター 名無しの子 より:

    ラサール石井氏、なんでこんなになってしまったんでしょうね。ひょうきん族もそうですが、「こちら亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公、両さんの声でもお馴染みでした。
    今、ことごとく現政権の批判をするラサール氏。でもそんな彼が必死になって擁護した人が、伊藤詩織さんです。
    伊藤氏の「日本で育つと〜」発言を取り上げ「伊藤詩織さんの発言を貶める卑劣さ」のようなコラムを、某新聞に載せていました。そして、明らかに婉曲した和訳をし、伊藤氏の発言に怒る人々を、英語が理解できない愚かな人と馬鹿にしたり、または、彼女を貶めるためにわざと悪意ある訳し方をする人だと攻撃してみたり。偏った考え方と、依怙贔屓のはなはだしい、残念な方になってしまいました。
    こち亀の両さんの愚かさは、周りを明るくするバカさです。どんなバカをしても、最終的には、笑い飛ばせます。ラサール氏の愚かさは、決して笑い飛ばせず、失笑どころか、深いため息が出ます。こち亀をもう一度放送してほしいとは思いますが、別の方に吹き替えしていただきたいと思いますね。
    返信は、ご無理なさらず。いつも、興味深い記事を、ありがとうございます。

    1. アバター 高山椎菜 より:

      こういう人を学莫迦というんですよね。いや、学もなくなったろうからただの莫迦か。

      このオッサンを連載に起用してる日刊ゲンダイもやはり莫迦だと言わざるをえません。GoogleのDiscoverに日刊ゲンダイのこのオッサンの記事が上がってたので、問答無用で出さなくしました。

  3. アバター 石塚清和 より:

    ラサール石井は芸名に有名進学校の名を付けて自分は頭が良い頭脳明晰のように見せているが実際は馬鹿なのだよ、此の様な自己アピールしか思いつかない貧弱な頭脳の持ち主なので、いっそのことバーカ石井と改名したほうが選りアピール出来るよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。