「夏子・詩織・祥子」さんで100万PV達成

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

最新記事 by 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 (全て見る)

 当サイトのPVが17日、昨年4月の開設以来、通算100万に到達した。今月に入ってから社民党の常任幹事である伊是名夏子氏の問題を取り上げたところ、アクセスが急増。一気に大台をクリアした。

■4月8日の70万PVから9日後の大台達成

皆様に感謝の100万PV

 大台クリアはまさかのスピードでやってきた。4月8日に70万に到達したことは記事でお伝えしたが(参照:1年+3日で70万PV”伊是名旋風”)、その9日後に100万PV達成。予想もしない速度で当サイトの知名度が広がっている。開設377日で100万PVということは、1日あたりのPVは2,600ほど。個人が運営するサイトでは十分すぎるほどである。

 今回の原動力は言うまでもなく伊是名夏子氏関連。初出記事が4月5日の「車椅子利用者 JRへの過大要求に不快感」で、これは伊是名氏のブログの中身が徐々に広まりつつあるタイミングで出せたのが皆様からの注目を集める結果になったと思われる。

 彼女のブログを見る限り、いかにも不自然な言動が多かった。たまたま旅行に行って不便な思いをして声をあげたとは思えず、背後に政治的な思惑がありそうなことは最初から感じられた。その点を中心に取材を続け、さらに7本の記事を出したところ、PVが伸びたという経緯である。その背景には、メインメディアがほとんど扱わず、扱っても「声をあげた障害者が批判される恐ろしい社会」といった実態を無視した切り口で、ユーザーのフラストレーションが溜まる状況にあったことは見逃せない。

 それでも、一気に100万に届くような数値はTwitterで拡散してくれたインフルエンサーの力に依るところは大きい。そして、ご訪問いただいた1人ひとりの方にお礼を申し上げたい。ありがとうございました。

■アクセスを増やしてくれた3人の女性

伊藤詩織さんの著書「Black Box」

 昨年のサイト開設からPVを伸ばしてきた原動力を考えると、伊是名氏を含む3人の女性に尽きる。

・伊是名夏子(コラムニスト・社民党全国連合常任幹事)

・伊藤詩織(ジャーナリスト)

・新井祥子(元草津町議)

 さまざまな意味で人並外れた才能を持つ3人の女性に関する記事で多くの方にアクセスしていただいた。

 今回の伊是名氏の問題で初めて当サイトを訪れたという方は少なくないと思われるが、実は当サイトは以前から、伊藤詩織氏の問題を積極的に扱ってきた。伊是名氏の問題も熱海駅の駅員さんに大変な負担をかけ、また、多くの障害者のイメージを損なう大問題ではあるのだが、伊藤詩織氏の問題ではさらに深刻な人権侵害が発生している。

 伊藤詩織氏と性的関係があったことは認めているTBSの元ワシントン支局長の山口敬之氏に対するメディアの攻撃は常軌を逸している。刑事では不起訴、検察審査会も不起訴相当の判断を示したのに、民事訴訟で一部請求が認容されたことで犯罪者扱い。伊藤氏と山口氏の間で行われた性行為が、どのような性質のものであったのか両者の主張は真っ向から対立しており、現在、控訴審である東京高裁で争われている。

 伊藤詩織氏に関しても関連取材を続け、関係者にインタビューの申し込みなどを行なっており、100万PV後も積極的に情報発信していく予定である。

■サーバー増強で安定した運営を

 サイト運営の話をすると、4月に入って30万PVを超えたことで、サーバーの負荷が心配される事態になった。当サイトの制作をしていただいたオフィスレゾネイト舩越玲子代表に相談し、万が一の場合を考えサーバーを増強することとした。サーバーが負荷に耐えられずにサイトが落ちてしまうことは絶対に避けなければならない。それなりにコストはかかるが、サイト運営をしていく以上、必要な経費と考えている。

 また、多くのコメントをいただいているが、それに返信することができない状況にある。コメントに対しては極力、返信をするようにしてきたが、さすがに4月中旬に入って処理が追いつかない状況が続いている。時間を見て必要なコメントには返信していくので、しばしお待ちをいただきたい。

■リニューアルを検討、より見やすく、愛されるサイトへ

 今後についてはサイトのリニューアルを検討中なのは、以前もお伝えした通り。より見やすく、愛されるサイトになるように、衣替えをする予定である。

 最後に、ご訪問の皆様にあらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。2年目を迎え、100万達成後の当サイトも、どうぞよろしくお願いいたします。

<令和電子瓦版のあゆみ>

【2020年】

開設:4月6日

1万PV:4月10日

10万PV:5月28日

20万PV:8月19日

30万PV:12月2日

40万PV:12月7日

【2021年】

50万PV:1月19日

60万PV:3月6日

70万PV:4月8日

80万PV:4月12日

90万PV:4月15日

100万PV:4月17日

14 thoughts on “「夏子・詩織・祥子」さんで100万PV達成

  1. アバター 月の桂 より:

    おめでとうございます!!
    人生には、「まさかの坂」があると聞きます。その坂を落ちないよう律して暮らせとの教えですが、こちら様は登っていらっしゃるではありませんか!!凄いなー⤴️⤴️

    たまに、記事の更新直後にお邪魔することがありますが、一番乗りコメントだとラッキーな気がしますね。いいことありそう(笑)
    こちら様のお福分けが頂けますように…。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>月の桂様

       お祝いの言葉をありがとうございます。

       皆様のおかげで大台に到達することができました。個人的には9月か10月頃と思っていましたが、本当に「まさかの坂」で夏前に実現ですから、ただただ驚くばかりです。

       1日のPVが500を切る時代からお付き合いいただいたこと、心より感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。

  2. アバター 名無しの子 より:

    松田さん、このたびは本当におめでとうございます。松田さんの記事をいつも楽しみに読ませていただいている私としても、大変嬉しく思います。
    そしてこれほどPVが伸びたということは、本物の記事を見極めることができる方々が多いということ。まだまだ日本は大丈夫だなと、これもまた嬉しい限りです。
    そして、今後も、伊藤詩織事件を取り扱ってくださるということ。嬉しいですねー。
    私がどうして伊藤詩織事件にこだわるかというと、他の二人の事件に比べて、複雑だからです。伊是名事件は、起こった出来事を知るだけで、ほとんどの人々が(社民党でもない限り)「この人の言う事はおかしい」と感じることができます。新井事件も「彼女の言ってる事には無理がある」と一目でわかります。
    でも伊藤詩織事件は、密室で起きたということやその他諸々の事情(彼女の容姿や年齢にも関係あるかもしれません)により、真実がわかりにくく、ついうっかり騙されてしまう人もいます。そんな時、この記事は、丁寧で具体的な為、わかりやすくとても頼りになります。だからこそ、反対派にとっては目の上のたんこぶであり、逆風が吹き荒れる時もあるとは思いますが、支持している方は大勢います。どうぞこれからも、脅しなんかに屈せず、真実の記事を書いて下さい。
    松田さんは、山口敬之氏と面識はないとのこと。でもきっと、山口氏は感謝していると思いますよ。「他のメディアが書かない「本当のことを」を書いてくださってありがとうございます」と。松田記者と同様、有能なジャーナリスト山口敬之氏が、堂々と、その才能を発揮し、日本に貢献できるようになったら、それは、松田記者のおかげでもあると思います。
    重ねて申し上げます。このたびは、本当におめでとうございます。返信は大丈夫です。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>名無しの子様

       お祝いの言葉をありがとうございます。長らくお付き合いいただいていますこと、あらためて感謝申し上げます。

       伊藤詩織さんの件はこれからが本番です。取材の準備はしており、また、関連記事を出せるはずです。山口氏とはおっしゃる通り面識はなく、彼が僕のことをどう思っているのか知りませんが、僕はある意味、山口氏を尊敬している部分はあります。これだけ世間から悪人呼ばわりされたら普通ならメンタル面で萎えてしまうでしょうが、彼は戦い続け、また、ジャーナリストとしての仕事をこなしています。その精神力はすごいと思います。その戦うモチベーションは自身のプライド、それから家族の存在でもあるでしょうし、同時に不正義を許さないという社会的責務を感じている部分があるように感じています。

       僕は事件の真相は知りません。しかし、山口氏は犯罪者ではないのに、それを無視して、犯罪者扱いするという人権侵害を続けるメディアは絶対に許してはいけないと思います。メディアに対して「お前らふざけるなよ」という声はあげ続けたいと思います。そして自分なりに真相、真実に迫れればと思っています。

       これからもよろしくお願いいたします。

  3. アバター 野崎 より:

    松田さん

    !(^^)! !(^^)! !(^^)! !!!

    ●我らは連帯を求めて孤立を恐れず。

    奴ばらファシストは一般大衆の支持など得ようとは思っていない。

    >メインメディアがほとんど扱わず、扱っても「声をあげた障害者が批判される恐ろしい社会」
    奴ばらファシストの目的は社会にこの空気を濃厚に作り出すことにある。
    ルール― オブ ニューマ 空気の支配

    相模原知的障碍者施設殺人事件を利用する偽クリスチャン、奥田牧師も同じだ、同じ目的を持つ。、
    植松死刑因は時代の子だ。杉田水脈議員の発言、生産性のみを切り取り、日本は生産性の無いものは生きていく必要はないとする社会だとまで言う、日本は差別社会であるとする。

    奴ばらファシストは暗黙の了解のもと呼応しあう。
    一犬虚に吠え万犬これに応ずの状況をつくらんとする。

    伊是名氏等は作戦を貫徹し一応の目的は達成した。

    盗んでもよいとの公言は勝利宣言であり仲間達への呼びかけだ、互いに士気を鼓舞する為の。
    現に伊是名氏等の支持者達は存在するのだ。
    言葉の正しい意味の確信犯として(違法行為でもよい、我々に取っては正しい、つまり伊是名氏は頑張ったと)

    >伊藤詩織氏の問題ではさらに深刻な人権侵害が発生している。

    奴ばらファシストは多面波状攻撃を展開している。
    70年代から継承されている、毛沢東の遊撃戦を展開している。
    伊藤氏の問題、その他様々な問題とリンクしているのだ。

    伊是名氏等はこれら総体としての闘いに勝利し前進している。
    局面における劣勢など意に介しない。
    伊是名氏はなかなかの戦士である。

    70年代、日本女子大の極左女学生、今や日本フェミニスト界の重鎮たるおばさんは笑みを浮かべている。
    70年代左翼の常套句
    ●状況は我々に有利に展開している。ということか? と問うと、笑いがこぼれる、、

    松田さん

    団塊の世代の爺さんの妄想のように思われるでしょうが、
    左翼、ファシストの攻撃は陰にこもって熾烈なものがあります、徐々に、だが確実に駒を進めています。

    情報戦、ファシストの熾烈なる攻撃が行われています。今正に情報戦の現代です。
    自由を守らねばならない、何としても、

    ★松田さんに期待をしています。

    しかし、、故三島由紀夫が慨嘆したように、文化防衛論を上梓するも、、日本は変わっていくでしょう、、

    記事によりアクセスの増減は当然あるでしょうが安定期に入り,さらに様々な情報を伝えるメディアに成長されますように!

    御返信は不要です。

    追伸

    松田さんは奴ばらからすでに敵として捕捉、位置付けられていると考えます。
    山口氏は触れてはならぬ問題に触れたから、それが発端との指摘もありますが、山口氏への攻撃を見れば危険性がわかります。
    くれぐれもご留意ください。

    団塊の世代の爺さんたちは味方だぜ~!! 

    武運長久を祈ります。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>野崎様

      コメントをありがとうございます。おっしゃる通り、PVが増えたことで「敵」として認識する人たちも出てくるのかもしれません。色々と身の回りには気をつけるようにしないといけませんし、訴訟リスクも今以上にないように心がけていきたいと思います。

      >>団塊の世代の爺さんたちは味方だぜ~!! 

      会社では団塊の世代の上司、先輩とは仲が悪かったのですが、その世代の方から応援をいただけるとは光栄の至りというものです。考えてみれば、世代をひとまとめで(こういうものだ)と決めつけるのは、論理性、合理性を欠く態度でした。野崎様のような団塊の世代もいらっしゃることをこれからはしっかりと胸に刻みたいと思います。

      令和電子瓦版になってからももちろんですが、前身の個人サイトの時代から、コメントをいただき感謝しております。野崎様をはじめ、当時からコメントをくださった方に支えられてここまで来られました。

      野崎様のコメント目当ての訪問者もいることと思います。優れた投稿者はサイトを支えるということを実感しています。これからもよろしくお願いいたします。

  4. アバター スッパまん より:

    松田様

    100万PV達成、誠におめでとうございます。心からお喜び申し上げます。
    これだけ多くの方々のアクセスがあった事は、ひとえにここの出筆者の方々のジャーナリストとしての真の姿勢を多くの方々がお認めになった事だと思います。

    私は以前から伊藤詩織氏の言動や行動に強い疑問や矛盾を感じておりましたが、ここで松田様のファクトチェックやご意見でそれらが確信に変わりました。また伊是名夏子氏が社民党常任幹事である事をここの読者のコメントで知り、伊是名夏子氏の行動はただの我がままではなく政治的意図に沿った確信犯的行動でテロ行為に等しいと思えました。

    このお二方の事例を挙げても決して既存の新聞やテレビニュースで触れられる機会がないファクトが、ここではそれが事実として暴かれていく。これこそ健全なジャーナリズムだと思います。これからも200万、300万・・・1000万PV達成を目指してほしいものです。

    このサイトで僅かながらでも視野を広げ、考える力を養っていきます。ありがとうございました。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>スッパまん様

       コメントをありがとうございます。身に余るお言葉、光栄です。心よりお礼申し上げます。

       僕が日刊スポーツにいた頃から、やりたかった取材・出稿を今、やっている感じです。それがこのような数字になり、(自分のやりたかったことは間違ってはいなかった)と思えます。もちろん、それはご訪問してくださった方々のおかげです。

       正直、100万pvは秋ぐらいと思っていましたが、嬉しい誤算です。年内にどこまで数字が伸ばせるか、頑張ろうと思います。これからもよろしくお願いいたします。

       

       

  5. アバター ななし より:

    松田さん おめでとうございます
    正しい事を伝えて下さる方がいてくださり嬉しい限りです。
    昨年私が注目していたのは愛知県の大村知事リコール運動です。
    作品の好き嫌いはともかく、知事の立場は、「金は出すが口はださない」。
    それを大阪の吉村知事、松井市長、河村名古屋市長が批判し、高須克弥氏と虎の門まで出てきて何がなんだか分からない状態に。
    さすがに佐賀県での偽装署名には唖然としましたが。
    大村知事は東大法学部卒でそれ故に検閲を問題し、他の3氏もそれが分かっていて大村知事を攻撃していたのです。
    その間、高須氏は親として医師とどうだろうという大村知事への誹謗中傷、名誉毀損のTwitterを流し続けていました。
    事件が明るみになっても謝罪しないで今にいたっています。
    伊是名氏のブログも中日新聞はこのような人物にコラムを書かせた信用できない新聞というリコール賛成派のコメで知り、これはおかしい。何故このような事が肯定されるのだろう?
    からここまできました。
    バリアフリーは当然大事です。しかし伊是名氏のやり方は間違ってる。本人、社民党からJRに謝罪して欲しいです。
    愛知県は、警察の捜査と名古屋市長選で結論が出るでしょう。

    長々とすみません。お返事は大丈夫です。
    益々のご活躍お祈りしています
    お身体ご慈愛ください

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>ななし様

       コメントをありがとうございます。返信が遅れて申し訳ございません。

       大村知事のリコールは、訳のわからない人が出てきて署名の偽造を行なっていて、おかしな方向に行ってしまいました。民主主義のルールを破壊する行為で許し難いのは言うまでもありませんが、これが行われたらどの程度、県民が反応するか見たかったので、その点でも残念です。

       伊是名氏が中日新聞でコラムを書くのは勝手ですが、彼女は社民党の常任幹事なわけで、新聞が政党の幹部にその職位を明かさずにコラムニストという肩書きで書かせているとしたら大問題だと思います。そのあたり、日本のメディアの闇と言ってもいい部分ではないでしょうか。

  6. アバター ロビンソン より:

    伊是名氏の件に関する記事を読ませていただいています。
    取材と論理展開に感嘆しています。

    しかしながら、この記事はタイトルが大変残念です。

    >「夏子・詩織・祥子」さん

    1.「名前呼び」
    「娘呼び」とも表現されるもので、男性に対してしない・男性から女性に対してだけ行われる慣例であることに、気づかれていますか。
    松田さんへのコメントに、「隆さん」がないことにも。
    記事本文では「苗字+氏」であるのに、なにゆえ「女性に対する名前呼び」を選択したのか。自問していただきたいです。

    2.敬称は個々につけるものかと思います。

    「夏子・詩織・祥子」さんで100万PV達成
    「伊是名氏・伊藤氏・新井氏」で100万PV達成

    後者の、バイアスのない表現をお願いします。

    1. アバター 隆さん応援団 より:

      何を言いたいかよくわからない。言い掛かりのレベルと感じますね。
      >自問していただきたいです。
      上から目線・・・。

      こう言った記事のタイトルは、いかに簡潔にしてインパクトを与えるかが勝負。
      多少の表現の不備は、スルーするのが慣例ですよ。(知らんけど)

      ちなみに、【名前には、姓(上の名前)と名(下の名前)とがある。】そうですよ。
      コメ主の性別不明ですが、やたら男性女性に拘りますね。
      男性が女性の下の名を呼ぶ事が、何故バイアスのある表現になるのかなぁ。

      取材対象に対して、もしかすると、恋愛感情に似たものがあるのかもしれませんよ。
      (知らんけど)

    2. アバター 月の桂 より:

      ロビンソン 様

      実は、私もロビンソン様と同じように感じました。
      「なぜ、このタイトルに?」と。
      感じた理由は、あなた様と同じです。
      ご意見、ごもっともだと思います。

      ですが、松田さんは法律をお勉強され、高い倫理観をお持ちの方です。そのような方が、ジェンダーバイアスな表現を意図的にするとは思えません。

      タイトルには、気を配っておられるとお聞きしたことがあります。
      今回のタイトルも松田さん流の何か「インパクト」を考えてのことなのかな…と理解しました。
      その謎解きをするのも、面白いかもしれませんよ。

      私は、松田さんにはトップジャーナリストになって頂きたいと思っています。耳障りの良いコメントだけではなく、ちょっと辛めのご意見も、ジャーナリストとして成長する糧にしてくれると信じています。

  7. アバター 野崎 より:

    ロビンソン様

    >松田さんへのコメントに、「隆さん」がないことにも。

    ありますよ~ 私で~す!(^^)! まっ名前呼びではなく松田さんですけれど。

    全盲の方が、めくらが~! と叫ばれ(御当人にではない) 大喜びして心が熱くなった!
    そのエピーソードをコメントしましたが、ロビンソン様が読まれたら何とおっしゃるか、
    本当に是非お聞かせ頂きたいものです。

    それと語彙が増えるとIQが高くなるとの仮説とか、言葉、言霊、宇宙、、
    日本語表現の深み、、、
    それ故の日本人の感性、言葉の裏読みができれう、言葉のあやがわかる。それに関しても簡単にコメントしました。

    日本人は、日本は変わっていく、、故三島由紀夫の嘆きもコメントしました。

    ジェンダーの発想かと思いますが多いですね、私の周囲にもたくさんいる、、
    確かに伊是名氏等は確実に駒を進めている。

    名前よび
    松田さんへの、様ではなく さん その選択に関しては軽く触れました。
    松田さんは十分ご理解下さった、当初よりご理解くださっていると思います。
    日本人ですから、

    このサイトの読者がコメントするに際し、隆さん、と名前呼びする訳がありません。
    その理由を説明する気にもなりません。ジョ~シキ、当たり前、礼儀~ 親の育て方も
    面識がない者同士が応答しあう訳ですから。手紙と同じ~

    >「夏子・詩織・祥子」さん
    の場合、この方達は広義の芸能人の様なものです、広義の~ 芸能人が不適切ならば有名人! (芸能人を使った意味合いは解る者には解る)
    こちらが頼んだ訳ではない。彼らの方で勝手に世に、社会に出て来た。

    これらに類する者は名前で呼ばれることが多々ある、その時に様々な評価を感じ取れるのが日本人の感性 この記事の「夏子・詩織・祥子」さんもしかり
    逆に様々なものを感じ取り使用する場合も、それは通念としてあり非難されるべきことではない。 非難する者が生まれ始めている状況ということ。伊是名氏等の作戦により!

    ならばその者は以下をどう思うのか? どうあればよいのか?

    シンゾ~  タロ~ シンジロ~ シンタロ~  弟さんのドラマがNHKで始まるとのことで、ユウジロ~   女性も上げないと シオリ~ ← ガソリーヌと呼ばれた方の女性!

    たくさんありすぎて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。