中止になった東京五輪!? 日刊スポーツ報道

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。

 2021年に延期された東京五輪・パラリンピックについて、日刊スポーツ電子版が7月26日、「中止になった東京五輪」と報じた。芸能関連記事の中で報じられている。

■中止にはなっていない「延期」

「中止になった東京五輪」と報じた記事(日刊スポーツ電子版から)

 問題の記事は7月26日10時53分のタイムスタンプがある。タイトルは「松本人志、東野幸治は『えみちゃんねる』後枠視野」で、芸人の松本人志さんがコメンテーターを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」に出演した時の発言などから、「中止になった東京五輪について話した。」と報じた。

 記事自体は他愛のない内容であるが、東京五輪に言及した部分は看過できない。3月24日に東京五輪・パラリンピックは1年程度延期されることが決定。その6日後の3月30日に2021年夏に延期が決まったのはほとんどの方がご存知の通り。

 東京五輪の公式サイトには以下のような記述がある。

「…現在の世界の状況が継続的に悪化していることに鑑み、予定どおり本年7月に開催することは不可能であり、更には年内に開催することも不可能であり、延期とせざるを得ない旨一致しました。」(3月24日公開:安倍総理大臣、森会長、バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長との電話会談について

「…東京都、日本国政府は、2021年に開催される第32回オリンピック大会の新日程に合意しました」(3月30日公開:東京2020大会の新開催日程を発表

■Yahoo! Japanにも配信

 ご覧のように公式サイトはこの件に関して「中止」などという表現は使っていない。「延期」としているのである。これまでの経緯を見て「中止」と表現できる根拠がどこにあるのか全く理解不能である。

中止:途中でやめること。いったん計画しながらやめること。

延期:予定の期日をあとにのばすこと。

(以上、広辞苑第7版)

 まさかこの程度の日本語の違いが理解できないわけではないだろう。書いた記者もひどいが、それをそのまま掲載させたデスクも救い難い。揚げ足を取るようなことはしたくないが、単純な語句の言い間違いで済ませてはいけない問題。しかもYahoo! Japanにも同記事が配信されており、相当数のユーザーが目にしているのは間違いない。

 確かに東京五輪は今の情勢では中止になる可能性はあるとは思うが、まずは正確に報じることが報道機関としての務め。報道の基本中の基本を意識していただきたいものである。頑張ってください、日刊スポーツさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。