武豊ジャパン凱旋門賞出走取り消し

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

最新記事 by 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 (全て見る)

 日本時間10月4日深夜に行われるG1凱旋門賞(芝2400m)で、A・オブライエン厩舎の4頭が出走を取り消した。レースは11頭立てとなる。

■禁止薬物ジルパテロールに陽性反応

A・オブライエン厩舎の出走取り消しを伝えるスカイスポーツ

 sky sportsなどの欧州の報道によると、アイルランドのA・オブライエン調教師の管理馬モーグル、ジャパン、サーペンタイン、ソヴリンの4頭が出走を取り消した。これは出走馬の尿検査で禁止薬物に関する陽性反応が出たため。同厩舎で使用していた飼料にジルパテロール(zilpaterol)と思われる禁止薬物が含まれていたと思われる。

 武豊騎手は前年の4着馬のジャパンで参戦予定で、既にフランス入りしていたが、3年連続9度目の挑戦となる予定だったが、虚しい結果となった。同騎手は2006年のこのレースでもディープインパクトで3位入線後、イプラトロピウム(Ipratropium)が検出されて失格となっている。

 しかも今回は、新型コロナウイルスの感染症の影響で、帰国後は2週間の自主隔離が予定されており、競馬のハイシーズンに痛い結果となった。

■英愛ダービー馬、ジャパンの全弟もスクラッチ

 ジャパン以外の3頭は、英ダービー馬(サーペンタイン)、愛ダービー馬(ソヴリン)、パリ大賞勝ち馬でジャパンの全弟(モーグル)で、いずれもエネイブルの強敵になると目されていた。既に英2冠牝馬のラヴも馬場悪化を理由に回避をしており、エネイブルの史上初の凱旋門賞3勝は有望になってきた。

 強敵になりそうなのは、昨年の3着馬で仏ダービー馬のソットサス、2年連続で欧州最優秀ステイヤーに選出されたストラディバリウスあたり。おそらくソットサスが2番人気になると思われるが、エネイブルの歴史的快挙は限りなく近づいたと言っていい。

 なお、日本からは長期欧州遠征中のディアドラ(牝6、栗東・橋田満厩舎)が参戦する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。