辻元氏ウクライナ政治利用 若者よ騙されるな

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

最新記事 by 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 (全て見る)

 前衆議院議員の辻元清美氏(60)がウクライナ侵攻を政治利用し、自らの政治主張を行っている。2月26日には渋谷でのウクライナの人々の集会に参加して「NoWar」を叫び、同日夜にアップしたYouTubeのチャンネルでは「日本もかつてアジアを侵略」と自国を批判し、護憲の主張を行った。ウクライナ侵攻の陰で、支持集め、昔風に言えば「オルグ」と思われる活動を展開している。それは日々、戦争で失われているウクライナの人々の命を、自身の次の選挙の集票に利用する行為のようにも思える。

■積極的に若者と対話

ウクライナ人と思われる女性とヒジでタッチする辻元氏(右、清美チャンネルから)

 辻元氏は26日13時から開催された在日ウクライナ大使館が呼びかけたロシアの侵攻に反対するデモに参加した。その時の様子は当日夜に公開された自身の「清美チャンネル・2月26日 20:00 辻元清美緊急生配信!戦争反対 #NoWar」で紹介されている。

 参加者と話をする中で、辻元氏は以下のように話をしている。

 「やっぱり反対の声を挙げるとか、行動するとか、私たちがこうやって繋がることは必ず力になると思うんだよね。こちらから声を一人でちっちゃい声をあげててもなかなか届かないと思うけど、こうやって声を形にして、そして繋がりを力にして、絶対にこれは戦争を止めることができると信じてやりましょう。やります。」(若い男女に対して)

 「こうやってみんなが集まることで、戦争をやめろという声が可視化されるじゃない? 見えるようになるじゃない? そうしてみんなが繋がることで、力に必ずなると思うので頑張ろう。」(埼玉県から来たデモに初めて参加したという若い男性に対して)

 さらにウクライナ人の男性から女性の通訳(英語)を通じて母国の状況を聞き、それに対し、「私たち、連帯して食い止められるように何とか頑張りますので。ありがとう」と話した。

 若者や日本の政治状況を知らない外国人に「戦争反対」を主張、同じ目的を持つことをアピールし、精神的に繋がれることを強調しているのがよく分かる。団塊の世代の方ならよくお分かりであろうが、一般人を組織に引き込む「オルグ」もこうした方法であったと思われる。辻元氏の話し方を見ていると、僕自身、大学生であった80年代、通学時に毎日のように経験した統一教会と思われる信者による勧誘を思い出させられた。

■自衛隊派遣要請にどう応えるか

 今、ウクライナが最も必要としているものは何か。言うまでもなく、NATOによる集団的自衛権の発動で、目の前のロシア軍を打ち破ることである。この点、ゼレンスキー大統領は25日に「われわれは孤立無援で防戦している。共に戦ってくれる者はいないようだ」と述べた(AFP・ウクライナは「孤立無援」 大統領)。そのため、圧倒的な力を持つロシア軍に対してウクライナが単独で抗戦している状況である。

 集団的自衛権は国連憲章51条に定められ、侵略を受けた国と軍事同盟を結んでいなくても行使は可能。ニカラグア事件の本案判決(1986年6月27日)は、集団的自衛権の行使要件として(1)被害国が攻撃を受けたことを宣言、(2)その国による援助の要請、の2点を挙げた(参照・侵攻後も憲法9条言葉遊びの政治家)。

 辻元氏に聞きたい。インタビューしたウクライナ人が「ウクライナは今、国家が滅亡する危機に瀕しています。ロシア軍はもうキエフに入っています。今、こうして声を挙げるだけで救える状況ではありません。今こそ、日本が集団的自衛権を行使してウクライナを助けてください。自衛隊をキエフに派遣してください。そして、ともに戦ってロシアの侵略を打ち破ってください」と言ったら何と答えるのか。

 日本が集団的自衛権を行使することができるように憲法解釈を変更することに激しく反対したのは、辻元氏ら立憲民主党などの勢力である。辻元氏がインタビューしたウクライナ人の多くはそのことを知っているとは思えない。ただ、「戦争反対」「声をあげてロシアを止めましょう」と共感できることのみを辻元氏が主張しているので、笑顔でタッチを交わしているのであろう。

 辻元氏のやっていることは、相手の窮状や日本の政治への知識不足に付け込んで心が通じ合ったことをアピールする、この上なく醜悪な政治家の姿を示しているように思う。

■憲法9条でウクライナは守れない

辻元清美氏(清美チャンネル画面から)

 スタジオに戻った辻元氏は、清美チャンネルにおいて、集会に参加したことを報告する部分では、現場では語られていない自らの政治主張を繰り返した。

 「この時、実は日本もあと一歩でベトナム戦争に実際に、当時、自衛隊ですけれども派遣するかどうかの瀬戸際だったんですね。…日本は当時日米安保条約ありましたけれども、憲法9条が歯止めになってベトナムに自衛隊を出さず、一人も殺さず、また、自衛隊の犠牲者も出さなかったということがあります。あの時、憲法9条がなかったら、ベトナム戦争にも韓国と同じような日米同盟関係がありましたので、日本も直接戦争に加担していたかもしれないんです。」

 この話の合理性のなさはお分かりであろう。辻元氏は「憲法9条がなければ、日本はロシアと共にウクライナを攻めていたかもしれない」という趣旨の話をしているが、もともと憲法9条の有無にかかわらず、日本がロシアとともにウクライナに侵攻する可能性など考えられない。日本はベラルーシ共和国ではない。

 そして、今、ウクライナが求めているのは、ゼレンスキー大統領の言葉から考えると「日本も我々とともに戦ってくれ。ウクライナ側に立って戦闘に直接参加してくれ」というもの。その願いに対しては辻元氏は「憲法9条があるから、あなたたちを助けられない」と言っているに等しい。

 つまり、ウクライナにすれば、憲法9条によって日本がウクライナを見捨てることとなり、反射的効果としてロシアを助けるものになっていると指摘できる。その9条を大事にして自衛隊の海外派遣や集団的自衛権の行使に反対する辻元氏は、ロシアを支援する立場となる。

 そうすると、辻元氏が渋谷でウクライナ人とNoWarと言ってタッチを交わした行為は、ロシアを支援する立場でいながら、ウクライナの人々に連帯を呼びかける、欺瞞としか言いようがない行為。先ほど、辻元氏の行為を「醜悪な政治家の姿」と書いたのはそのような理由による。

■いつもの安倍元首相批判

集会に参加した辻元氏(同氏ツイッター画面から)

 さらに辻元氏は以下のように語っている。

 「かつて日本もですね、自国民保護というような名目でアジアに侵略をし、そしてたくさんの方が亡くなるという、そういう愚かな歴史を日本も経験しています。その中でわたしたちは憲法9条をつくったわけですけれども、あらゆる紛争を武力で解決しないんだと言っている国として、また、そこに住むものとして何をしなければいけないのか、みなさんと一緒に考えていこうと思ってるんです。」

 このように今回、侵略国として世界中の批判を受けているロシアと、日本はかつて同じ立場であったとし、それを否定する憲法9条を大事にしていこうということであろう。この発言をなぜ、渋谷でしなかったのか。左翼系の集会に集まる人々とは明らかに異なる人々が集まっているだけに、反論される危険が大きいと判断したものと思われる。部外者を仲間に引き込むには、賛同できる範囲までを語るのが鉄則である。

 番組では、安倍元首相への批判もしている。

 「プーチンという人がどういう人なのか、知りません。安倍総理なんかは、北方領土の交渉をめぐって、日本は前のクリミア半島をロシアが占領した時もですね、日本だけが唯一、経済協力をやめなかった国と言われてますけれども、『ウラジミール』とか言ってたわけですよね? ですから私は言うたら悪いけど、何で安倍総理この事態に際して、色々発信されへんのかな、と。『ウラジミール』と言ってたんだったら。私によくですね、言ったら悪いですけど、はっきり申し上げるとですね、ネトウヨっぽい人が絡んでくるんです。『そんなん言うんやったら、お前がプーチンに言いに行け』って。それは言いたいですよ。でもねえ、私ねえ、安倍総理はあれだけ『ウラジミール』って言ってたんやから、言ってはるんかもしれませんけど、どんどんそういうことをしていた人、協力していた人こそですね、立ち上がっていただきたい、と。…」

 これも不思議な話で、2014年のロシアによるクリミア半島の編入については、日本も経済制裁を実施している(日本経済新聞電子版・対ロ経済制裁 ウクライナ侵攻で発動)。「日本だけが唯一、経済協力をやめなかった国と言われてます」と、伝聞の形であたかも日本が経済制裁に同調していないかのような発言をするのは、多くの国民を錯誤に陥らせる。実際、プーチン大統領は、クリミア半島の編入に際し、日本が経済制裁に加わったことに落胆したということは、多くのメディアで報じられている。

 また、安倍元首相はウクライナ侵攻に際しては、2月24日の侵攻開始の日に自民党の会合で「断じて許すわけにはいかない」と厳しい批判をしている(TBS NEWS・ウクライナ侵攻 安倍元首相「断じて許すわけにはいかない」)。その後もフジテレビ系の番組で、ウクライナの国民に対して「連帯を表明したい」と述べている(FNNプライムオンライン・安倍元首相「ウクライナ国民に連帯」表明)。

 辻元氏の発言は事実と異なり、バイデン米大統領から侵略者とされたプーチン大統領と安倍元首相が懇意であり、そのために何も批判をしていないかのような印象を与えるものと言える。

 なお、辻元氏は自身のツイッターで「戦争反対」や「ロシアの軍事行動に『NO!』を表明しよう」などと発信しているものの、安倍元首相のような「断じて許すわけにはいかない」などの強い表現でのロシア批判はしていない。ツイッターなら「プーチンは侵略者」ぐらいは言えそうなものであるが、自国の首相にしているような激しい攻撃を控えていることに違和感を覚える者は少なくないと思われる。

■次の選挙へウクライナを利用か

 辻元氏は今夏の参院選に比例代表で出馬することを表明している。今回のウクライナをめぐる問題をそこに利用しようという思惑があるのではないか。これまで論じてきたことを総合すると、少なくともウクライナの人々の命を真剣に心配しているようには見えない。

 辻元氏の言動は、祖国が最大の危機に瀕しているウクライナの人々の気持ちを弄ぶようなものであると感じる。

"辻元氏ウクライナ政治利用 若者よ騙されるな"に13件のコメントがあります

  1. MR.CB より:

    》》ジャーナリスト松田様

    野崎氏よりも先に投稿することに躊躇致しました(後先ではないですね)。
    今更ではございますが、辻元清美氏にこう叫びたい。「このヌエどもが!」。松田さんと同世代の私も辻元氏のような姑息な扇動が、「オルグ」という表現でぴったり言い表せると共感致しました。祖国や家族、友人達を心から心配しているウクライナの人たちに、もはや堂々と自らの政治活動のために近づき、そして臆面もなく偽善者ぶる。生死の境で塗炭の苦しみを味わっているウクライナ国民に遠く離れた安全な日本から、「手は貸せないけど祈っているわ。私たちが見守っているから心配しないでね」と恥じらいもなく発信する。厚顔無恥も甚だしい。このヌエが!
    平和憲法がウクライナにあったらロシアは侵略しないのか。政治活動のために偽善者に徹するなら、いっそウクライナに行ってロシア軍の戦車の前に立てば良い。
    その覚悟がないのであれば、黙って目立たぬように街頭でウクライナ国民のために募金活動でもやって頂きたいです。論理破綻した辻元氏よりも稚拙なコメントをお許しください。

    1. 月の桂 より:

      MR.CB 様

      〉「このヌエどもが!」
      出た!ヌエ!!(笑)
      このフレーズは、MR.CB様の決め台詞になりそうですね。MR.CB様の文学的なコメント(鵺を登場させる等々)を楽しみにしている一人です。
      辻元氏は、もう政界からは退くのだと思っていましたが、そうでもなさそうですね。次を見据えて着々と準備しているのでしょうか。
      なりふり構わずというか…失礼ながらハシタナイ方に感じます。

      *お返事は不要でございます。

      1. MR.CB より:

        》》月の桂様

        温かいコメントありがとうございます。毎週末の競馬くらいしか楽しむ術のない愚かな私にとって、過分なお言葉だと恐縮いたします。

        プーチンによる(あえて敬称は省きます)国際法を踏み躙る侵略行為は蛮行と呼ぶ以外の何ものでもありません。同時に国連や国際法の無力さにも、無学な私は絶望感と憤りを禁じ得ません。できることならコーデル・ハル先生やグロティウス先生に教えを授かりたい。
        今回のプーチンの蛮行を正当化も理解もするつもりは全くありません。
        その上で、なぜロシアという国家と言うよりもプーチンという個人が、歴史的には兄弟国とも言えるウクライナの人々の命を奪っているのか。ロシア人の中にもウクライナに親族を持つ人が多いと聞きます。単に政権の支持率の低迷や、プーチンに沸き立つ情念がそうさせているのか私には分かりません。
        全く頓珍漢な私見を書かせて頂きます。私が高校生の時に観た映画を思い出します。降旗監督の「冬の華」。
        高倉健さんが演じる昔気質のヤクザの生き様が衝撃的でした。特にオープニングとエンディングは未だに私のトラウマになっております。いくら渡世の中で生きるヤクザであっても、健さんの生き方や行動には共感など出来ない自分は、当時もそして今でも変わっていません。不器用な漢の健さんと、蛮行を行っているプーチンを同じに考えているわけでは決してありません。専制国家の大統領が軍を率いて堂々と侵略戦争をこの瞬間も行っています。最悪の事態を恐れて他の大国は手を出すことさえ躊躇しています。またSNSなどで世界中の人たちがリアルにウクライナの現実を理解しています。
        スクリーンの中の悲惨な出来事ではありません。皆が打つ手もなく、自宅のソファーでプーチンの情念を無表情で眺めていることはただただ異常だと思います。

        1. 月の桂 より:

          MR.CB 様

          ご丁寧なお返事を頂戴し、恐れ入ります。

          「冬の華」のストーリーを調べてみましたが、難しい内容に思えました。あしながおじさんが、実は父を殺めた相手だと知ったらどう思うのだろう…。子供がいるからと命乞いする相手を絶命させるシーンを想像するだけで恐ろしくなります。

          政治に疎い私ですら、戦争反対の声(デモ)をあげるくらいで、現状を変えられるとは思えません。具体的な策も示さず、精神的な繋がりで何とかしようなんて、甘過ぎますね。声をあげるのも繋がるのも大切ですが、それは自己満足でしかないと思います。デモに参加される方も、本当に意義がある行動なのか考えて頂きたい。私は、相手が欲していることに応えるのが、真の支援だと思っています。ウクライナが求めているのは、武力を用いた支援でしょう。

          辻本氏は、偽善行為に手を染めて政治家に返り咲くことなどせず、ここはきっぱりと政界から離れた方が潔いと思います。でも、現代版ヌエは物語の鵺とは別格の生き物でしょうから、政治家への執着心は消えないでしょうね。p(`ε´q)ブーブー

          1. 月の桂 より:

            漢字の訂正です。

            辻本ではなく、辻元氏です。
            漢字を間違えるくらい、感心の無いお方でございます。

    2. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>MR.CB様

       コメントをありがとうございます。辻元氏の若者に媚びるように、同意する姿を見て、大学生の頃の統一教会と思われる人々の勧誘を思い出しました。非常に不快です。

       結局、辻元氏はウクライナの人の命や、平和よりも、自分の政治的信条を実現することの方が大事なのだろうと、動画を見て感じました。ウクライナを利用しているようにしか、僕には見えません。

       逆説的ですが、平和のために戦うということがあるのも事実です。現実に侵攻されているウクライナの人々を守るためには、相手を殺すしかありません。それが国際社会の現実です。そういう部分を正面から見て、論じられる政治家が待たれます。

       そう言っているうちに、サウジアラビアで日本馬が勝ちまくりました。20世紀には予想もできなかったことが政治だけでなく、スポーツ(競馬)の世界で起きていることを実感させられる昨今です。

      1. MR.CB より:

        》》ジャーナリスト松田様

        Cルメール様さまですね。一日に重賞レース4勝はまさに超絶です。

        レッドシーターフハンデキャップ(G3)のステイフーリッシュが逃げ切って勝ったレースの映像を観ました。思わず2006年ドバイシーマクラシックをハーツクライで逃げて勝利した時のルメール騎手の戦術を思い出してしまいました。これまでのレースでは直線で差し、追い込むイメージが強い同馬を、逃げる「奇策」で見事に勝ち切る。いやいや恐れ入谷の鬼子母神です(笑)。奇しくもハーツもステイフーリッシュも同じ社台レースホースの所有馬。
        黒と黄色の縦縞の勝負服での勝利は、昭和の競馬ファンにとって実に感慨深い思いがあります。最近では同じ社台系のシルクやサンデーレーシングの所属馬が日本競馬では隆盛を極めていますが、やっぱり社台はミツバチでなきゃいけませんよ。きっと吉田善弥さんも雲の上で、愛馬たちの活躍に目を細めていらっしゃることでしょう。
        さあ、今週末も競馬で勝負!勝負!

        世界平和を語る資格など世間様から与えられるはずもない、しがないアンポンタンでございます。

  2. ZS より:

    ヌエとは源頼政によって退治された得体のしれない怪物だそうですね?
    勉強になります。しかし、辻元清美=ヌエでは”ヌエ”に失礼だと思います。
    次選挙でも有権者に退治されることを願うばかりですね。

  3. 匿名 より:

    この方、プーチンにお会いになったこと無かったんですか…。

  4. 野崎 より:

    何と鵺(ヌエ)と! 
    この言葉をお使いになる御仁がおいでとは、自らの語彙の貧弱さを顧みず、日本語表現の衰退に諦念を抱くの団塊の世代としては嬉しくもあり又奴バラの本質を鵺と看破された慧眼にも一目置くところであります。

    ファシスト共め!を連呼していますが、ではいうところのファシストとは何なのか、、
    学術的定義の次元を超えてファシストの正体はまさに鵺なのであります。
    鵺ゆえのファシズム、自由を、近代国家を形成するに至った価値観を破壊し奴バラの世界へ誘わんとする、そこには何らに思想性はなく破壊願望があるのみなのだ。

    ★ヌエどもが! もぉ~まったく正鵠を射抜いておりファシスト共め!より鮮明に奴バラの本質がわかります!

    では何故奴バラは鵺なのか? それに関して偉そうな私見はありますがその論理は宗教次元へ至らざるを得ず、今般は以前コメントした、大紀元エポックタイムスが先の米国大統領選挙をサタンとキリスト教との闘いと記事にしたことを持って代えたいと思います。

    辻元清美を鵺になぞらえるのは鵺に対して失礼だ!とのコメントがありますが、いやはや眼力の優れたる方々よ、
    キリスト教におけるサタン、その世界には序列があり悪霊と称される人に仇なす存在はサタンの下僕に位置し鵺もその次元でありましょう。

    辻元清美は鵺を超えはるかにサタンに近い位置かと、それは人と人とを争い合い憎み合う関係へと引きずり込む存在、鵺にいわせれば、自分は違うよ、ただ人に悪さをしてるだけだよ~と、こりゃ鵺さんには失礼だと、

    辻元清美の資質、偽善、卑劣などでは形容できない得体の知れぬ鵺的なるものは辻元清美の仲間共に共通するものであります。

    思えばベトナム戦争も奴バラに利用されたのです、その証左は数々明確にある。
    戦争の悲惨さなど奴バラにはどうでもよかったのだ。反戦平和を口にしていた奴バラの裏の顔がいかに狂暴、残虐であったことか、、

    当時、左翼はアメリカのベトナムに対する帝国主義的侵略で一致していた。
    日本は侵略に加担したと日本を非難攻撃したが、ならば韓国は明確に侵略に加担しライダイハンを起こした。
    しかしまったくそれを問題にせず、その韓国とつるみ日本は過去韓国を侵略したと、
    あまつさえ従軍慰安婦の捏造だ、そして拉致を拉致被害者の解放を辻元清美は不公平だと国会で糾弾した。

    オルグは同志をつのるのが目的ではなく若い衆を洗脳し手駒として使うための方法だ。
    まさに
    >若者よ騙されるな! だ!

    当時奴バラはよく理論武装、理論武装と言っていた。
    おかしいではないか、弁証法的に何かが導き出されるのではなく他からの論破を防ぐための理屈づけが必要だということだ。

    奴バラの思想など仮面に過ぎないのだ。自己を正当化する理屈に過ぎないのだ。
    そうして作り上げあられた虚構の論理によりまだ何もよく解らない者、若い衆を洗脳する。

    団塊の世代の過激派に爆弾テロで死刑判決が下った大森勝久なる人物がいる。(収監中)本人は無実を主張。

    支援者により公開されている大森勝久のブログに自分は洗脳されていた、との記述がある。
    それと自分は逮捕されてよかったのだとも、何故ならば逮捕されねば爆弾闘争を継続実行していただろうからだ、とある。
    闘争にのめり込み過ちに目覚め、覚醒に至る過程を読むとある意味激しく舌打ちしたくなる思いが湧いた。

    前にファシスト共の構成をコメントした。
    その中に洗脳された者も含めた、そして洗脳を解く必要はないともコメントした。
    補足すれば積極的に洗脳を解く必要はない、時間、エネルギー+金の無駄だ。
    広義に発するカウンタープロパガンダにより結果において洗脳が解ければよいのだ。

    松田隆氏に期待する。

    のみならず吾輩も戦うぜ!

    追伸
    当時オルグに対して、決して反論、論破しようとしてはいけない、という対処がありました。
    なぜならオルグする側には敵を識別する方法でもあるからです。
    オルグ活動の結果、奴は民青だと解った、と怨念を込めた口調で語ったML派の学生がいました。極左が憎しみを持つ日本共産党、民青の学生に何をしたか、テロ、リンチです。
    私は偶然、その現場にいました、半端なリンチではありません。
    障害が残るほどの事は何とか止めようの思いでその場にいました。

    ご返信は不要です。

    1. MR.CB より:

      》》野崎様

      敬愛する野崎様にコメントを読んで頂いた。

      有り難き幸せです。身に余る光栄に存じます。これから特別な時にしか寄らない小料理屋の女将に自慢して参ります。

      ウクライナに光あれ!

      1. 野崎 より:

         MR.CB様

        汗、、、、年齢的に脳に変調を来しており(どうも思考がおかしいと、その自覚があるだけまだ何とか、)そも大前提として人格に(情緒的に)問題があり(もち脳にも年齢以前から、)自らのコメントを読み返すに、何とも、、、、そんな人物に対して何という事をおっしゃる、、

        まっ松田さん故できるコメントではあるのですけれど、サンタクロースはいるの?とかOn the sunny side of the streetに感動とか、
        しかし松田さんも戸惑っているいるのではと、、、

        そんな女将さんとのお楽しみをお持ちとは、

        で、狂い始めている団塊の世代の妄想を、

        女将と聞いて着物姿の、江戸っ子にあらずとも江戸情緒が多少なりともまだその身に、かすかに生きている日本の女性、成熟された女の人を想像してしまいます。
        そんな女性だとしたら、その女将さんはご存じかなと、弁天小僧菊之助!
        私のところに集まる若い衆のほとんどは知らない、よく知らない。

        前に、松田氏に期待する。吾輩も戦う。とコメントしましたが。
        菊之助を戦いの武器として妄想中です。

        牡丹の様なお嬢さん、着慣れた花の振袖に、髪は島田に由比ガ浜。
        二の腕かけた彫り物の桜にからむ緋縮緬、素肌に燃える長襦袢(弁天小僧菊之助 歌詞より、美空ひばりの歌が何とも素晴らしい!)

        彫り物が入り真っ赤な(緋色)長襦袢をまとったその若い身体の持ち主は男の子!

        LGBT法案反対! そして、おらっちはTじゃねーぜ!と言わせたい。故古賀菊之助のポイント!そこから論理は続く、
        菊之助のイラストははすみとし子氏に描いてもらおうか、ちょっとタッチが違う、子連れ狼、劇画作家、小島豪夕画くところの菊之助は中々のもの、

        日本にはいわゆる同性愛差別など無かった、無い、菊之助は健全なる倒錯を、
        性倒錯を普遍化させ昇華させている日本人の性における健全性、寛容さを表していると思います。
        春画も同じくと考えます。
        先ごろ書店で、春画で分かる江戸の遊郭 宝島社を手に取りました(立ち読み)
        つくづくそう思います。

        かように脈絡のないのコメントを平然となす人物であります。

        ご返信は不要です。

  5. 通りすがり より:

    相変わらず独善的かつ私利私欲に忠実でこす狡い老婆だな。
    こんな人間に日本の政治に関わらせるわけにはいかない。
    参院選でも惨めに落選して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。