賭け麻雀に産経無言 説明責任はどうなった

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。

 週刊文春の電子版が東京高検の黒川弘務検事長の賭け麻雀疑惑を報じたが、その相手をしていた産経新聞は取材に対してノーコメントとした。一方の朝日新聞は「極めて不適切な行為でおわびします」とコメント。産経新聞は一体、何様のつもりなのか。

■黒川検事長賭け麻雀の2つの問題点

都合の悪い時にはノーコメントの産経新聞?

 今回報じられた賭け麻雀については、2つの問題点がある。

①3密を避けるように自粛要請を受けている時期に、報道機関の人間がそれに反する行為を行なったこと。

②賭け麻雀は賭博罪(刑法185条)が成立する可能性があること。

 この点、朝日新聞社は「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられている状況下でもあり、極めて不適切な行為でおわびします」と謝罪した。

 それに対して産経新聞は2人の記者が参加し、さらに会場も同紙の記者の自宅であったという。賭博の主導的な立場を果たしているだけに責任は重大である。ところが産経新聞は一切、取材には答えていない。「取材に関することはお答えしない」とし、東京編集局長名で「記事化された内容以外は取材源秘匿の原則に基づき、一切公表しておりません。取材過程で不適切な行為が伴うことは許されず、そうした行為があった場合は適切に対処してまいります」としている(以上、時事通信HPから)。

■直ちに賭博罪成立ではないが限りなく黒に近い

 ①については、この賭け麻雀が取材であるとしても、昨今、取材はオンライン上で行うことが多くなっている。まさか「自分たちだけはいい」などと思っていたとしたら、それはとんでもない思い違いである。自宅で麻雀をして取材をするのは方法としてはあり得るのかもしれないが、この時期にその必要があるのかは問題となる。

 ②については、賭け麻雀が直ちに賭博罪となるというわけではない。賭けたものが「一時の娯楽に供する物」であれば、処罰されないのが普通である。「金銭は、その性質上、一時の娯楽に供する物には該当しないとするのが判例の主流であるといってもよい。もっとも、一時の娯楽の用に消費される程度の小額の金銭であれば、本罪は成立しないものとみるべきであろう」(条解刑法第2版 p489 有斐閣)とされている。

 ただし、50歳を過ぎたおじさんが4人集まって、キャラメル一箱、100円玉1個を賭けて麻雀をしていると思う人間などいないであろう。早急に事情聴取して、その点を明らかにすることを世間に対して約束するのが報道機関の務めであろう。

 それを「取材源の秘匿」にこと寄せてノーコメントなら、産経新聞は今後、2度と政治家に「説明責任」という言葉を使うべきではない。

■日刊スポーツで経験した「取材に答えるな」

 僕も新聞業界が長かったが、産経グループはある種、朝日新聞以上に「自分たちは絶対的に正しい」という姿勢を見せることがあった。それがどうにも鼻持ちならない部分で、今回、それが表に出た感じである。

 僕は日刊スポーツに30年近く在籍したが、会社の不祥事で世間から批判を浴びるという事態は何度か経験した。そうした時は総務局からすぐにお達しが回ってきて「電話があっても答えずに、取材は全て総務に回せ」「会社の前で取材を受けても、『私は分からない』と言って取材に答えるな」と言われる。

 企業としては当然なのかもしれないが、報道機関はそれではいけないと思う。記者は常に「これについてどう思う?」「説明責任を果たしてくれ」「なぜ、答えられないんだ」と取材対象に聞いている。それが自分が聞かれた時に「会社に聞いて」「僕は分かりません」「何も言えません」などという態度が許されるはずがない。

 だから僕は会社の前で「テレビ局が聞きに来ないかな」とゆっくり歩いて会社に入ったことがある。聞かれたら答えるつもりだったが、残念ながら聞かれることはなかった。

■いい気になっていると読者は離れる

 産経新聞は日々、朝日新聞を批判しているが、今回の件に関しては朝日新聞の方が遥かにまともに対応している。

 産経新聞は読者の満足度が高い紙面で定評がある。分かりやすく言えば、保守層に受ける言論機関である。しかし、取材源秘匿を隠れ蓑に自分の都合の悪いことには答えない姿勢には、多くの読者が失望しているのではないか。

 同紙には「いい気になっていると、読者が一気に離れるぞ」と警告しておこう。

2 thoughts on “賭け麻雀に産経無言 説明責任はどうなった

  1. アバター MR.CB より:

    》》ジャーナリスト松田様

    さすがにタイミングの悪さもさることながら、朝日と産経というメンバー構成が実に興味深いと思いました(笑)。
    併せて誰がリークしたのか? 黒川氏にとって信頼できる記者だったはずです。しかも麻雀という舞台設定だけに…気になるところです。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>MR.CB様

       コメントをありがとうございます。
       左右入り乱れての麻雀だったのでしょうね。

       誰がリークしたかはともかく、しっかりと刑事責任を追及してほしいと思います。黒川氏はもちろん、朝日・産経の記者もですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。