性犯罪被害者は当然匿名 ユーチューバーの怒り

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。

 政治団体「プロジェクト・オリーブ」の中嶌佑佳代表が、当サイトが掲載した性犯罪被害者による伊藤詩織さんに対する告白につき、実名を明かさないことを妥当な判断と強調した。自ら運営するYouTubeチャンネルで2月14日に公開したもの。性犯罪被害者が報復を受ける可能性などを指摘した上で、「名前を出せないことで実在しないのではと決め付けるのは許し難い」と、無責任なコメントに憤りの気持ちを公開した。

■被害写真・現在の写真・生々しい告白…それでも「架空の存在」

画像提供・中嶌佑佳氏(クリックするとYouTubeの「なかじまゆかの そこまでゆーか!」に飛びます)

 当サイトでは「伊藤詩織さんへ強姦致傷被害者から(前)(後)」を2回に分けて公開した。記事は、性犯罪被害者の木村陽子さん(仮名)が、実際に被害に遭った立場から見て、伊藤詩織さんの著書や言動については疑問があり、それに対する怒りも感じるという内容。これに対して、Twitterなどで多くの批判が集まったが、中でも目立ったのは、木村陽子さんは実在しない人物ではないかという声である。

 木村さんは事件で傷つけられた時の写真、それも肌の露出が多いものを2葉提供し、さらに顔から下の写真を掲載を許可してくれた。さらに事件当事者でなければ到底、話せないような生々しい状況を話したが、それでも実名ではないことから「実在しないのでは」という声を寄せる者は絶えなかった。中には事件番号を明かすように求める者もいた。

 性犯罪被害者の安全とプライバシーを守ることは、記事を書く者にとっては最も重要なポイント。そのために匿名とし、顔を隠すのである。そのような極めて単純な理由を理解せずに「実在しないのでは」と言うのは、被害者を特定して、そのプライバシーを暴く試みとしか思えない。

■YouTubeの激白「これがギリギリのライン」

 自身も性犯罪被害者を取材し、同じ女性としての立場から被害女性の心理も男性より実感を持って理解できるとする中嶌佑佳代表は、YouTubeチャンネルの「実在する性被害者が伊藤詩織氏の矛盾を指摘」の中で異議を唱えた。

 「(仮名)という方は実在する人間ではないんじゃないかとか…ここが私は非常に腹立たしいというか、許せないコメントというか、非常に無責任なコメント」と断罪。

 その理由について、以下のように語った。

 「(犯行後)数年経てば加害者というのは出所して、この世の中のどこかにいるわけです。…そして、明らかに自分だと特定されるような、被害者の女性が手記で書いた場合、どうなると思いますか。絶対に復讐の手が出てくると思います。その時にはおそらく(女性の)命はやはりない、と。いつ復讐されて刺されるか分からないというような、そのような人がやるんですよ、レイプなんていう犯罪行為って」。

 こうした状況を説明した上で「仮名で、信頼できるジャーナリストか誰かに、自分のことを激白する、そしてそれを松田さんのように、仮名で記事にする、これが(被害女性のできる)ギリギリのラインです」とした。

 この中嶌代表の発言は、記事を書いた者からすれば、全面的に賛同できるもの。世間からのバッシングもあるが、それ以上に犯人からの報復を考えれば、事件が特定されないように出せる情報は最低限に抑えなければならない。その点を考慮せずに「実名を出せ」「事件番号を言え」などと求めるのは性犯罪被害者を二重の危険に晒すことにつながる。

■架空の存在という表現がどれだけ女性を苦しめるか

 今回のYouTubeチャンネルでの激白について、中嶌代表に直接、話を聞いた。同代表は政治団体とは別に「ヤマカツ実行委員会」という山口敬之氏を支援する団体を結成し、代表を務めている。しかし、今回の件は、山口氏を支援する立場とは全く関係なく、性犯罪被害者に対する保護という観点から、黙っていられずに語ったという。

 語った理由の1つは上述のように、告白した性犯罪被害者を守るため。同代表は「性被害者の女性は事件が過去となった現在においても、過去の被害を公開することによって命が危ぶまれる状況になりかねません。まさに危険と隣り合わせなのです。人命に危険が及ぶことを絶対に強要してはいけません。これらのリスクがある中、記事は公開できる最大ギリギリのところまで出していると思いますし、被害者の方の勇気に敬意を表したいと思います。」と改めて強調した。

 さらに、もう1つ考えなくてはいけないのは、性犯罪被害者の存在を疑うことが、性犯罪被害者に対する軽視、侮辱にあたるということである。

 「私たちは普通に顔も名前も出して主張することができますが、性犯罪被害者はそれができません。それができないことで自分たちの声が世間に届かない、世間から存在しない者として扱われてしまうことが、どれだけ彼女たちを傷つけるか、ということです。それを考えても、可能な限り自らの存在を示している被害者に対し、『架空の存在』などと言うべきではありません」。

■日本の司法が正しく機能する社会を目指す

 中嶌氏は山口氏を支援する立場ではあるが、それは伊藤氏に誹謗中傷を浴びせたり、名誉を傷つけたりするような活動ではない。「これまで配信した私の動画でも申している通り、むしろ同じ女性として伊藤氏が本当に性被害に遭ったのであれば心情的にも全面的に彼女を応援していたと思います。本裁判において、司法が正しく機能するかどうか、これが私の一番の着眼点であることは現在も変わることはありません」と説明する。

 そのような立場から、勇気を振り絞って告白した被害女性への「存在しないのではないか」といった類の批判は決して許されないとするのである。つまり、不当な人権侵害は許されるべきではなく、それは山口氏はもちろん、被害女性にも、伊藤氏にも共通すること。支援団体としては裁判の帰趨どうこうではなく普遍的な人権擁護という観点から、どちらの支援団体であっても、第三者であっても考えなければいけない主張であることを、我々は忘れてはならない。

 1つの主張に対する批評、批判は自由であるが、他者を傷つけることにもなる無責任な言論は匿名のSNSであっても許されるべきではない。記事を書いた当事者として言いたいのは、正当な批判は歓迎だが、結果として性犯罪被害者を貶めることになる、論理的ではない「架空の存在」などの言い方は控えるべきということである。

【中嶌佑佳(なかじま・ゆか)】(プロフィール)

政治系YouTuber 「なかじまゆかの そこまでゆーか!」配信中 政策企画研究所「プロジェクト・オリーブ」代表 ヤマカツ実行委員会代表 ピアニスト、 オルガニスト、 スピリチュアル・カウンセラー

43 thoughts on “性犯罪被害者は当然匿名 ユーチューバーの怒り

  1. アバター 月の桂 より:

    ゆかさんは、正義の塊のような方です。
    ゆかさんのYouTubeへは、ちょこちょこお邪魔していますが、コメントされる方々も、あなたは何者?というくらい専門的で大変勉強になります。私は山口氏を擁護するスタンスではないので、やまかつには参加しませんが、ゆかさん達の活動には頭が下がります。
    lisanha123さんもそうですが、心ある方々の発信には救われる思いがしますね。

    *最近、上手くコメントが送信されていない模様…今回は大丈夫かな…。
    松田さん、お疲れが出ませんように…。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>月の桂様

       コメントをありがとうございます。月の桂様のコメントは本当に久しぶりです。もしかすると、こちらには送られていないのかもしれません。とにかく、反対の意見でも罵詈雑言などではなければアップする方針なので、もし、長時間アップされないようであれば、お手数ですが再度お送りするなどしていただければと思います。

       混沌とした裁判の行方ですが、その過程で不当に人権侵害がないようにしてほしいものです。それは山口さんも伊藤さんも、勇気ある告白をした木村さんに対しても。こちらは変わらずに淡々と取材を続け、真実に迫りたいと思っています。

      1. アバター 月の桂 より:

        今回は送信成功!良かった!
        あまりに酔っ払い(絡みコメント)が多くて、私の小さな声は書き消されたのでしょう。いえ、冗談ですよ。たぶん、私の操作ミスだと思います。

        反論というより嫌がらせとしか思えないようなコメントを道を尋ねるがのごとく、書いてくるんですものね。さぞや、お疲れかと…。でも、今回のことで令和電子瓦版の名前は多くの人に知られたわけですし、読む人が読めば、松田さんの記事は評価されます。今少しご辛抱を…。
        皆、応援しています。

        1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

          >>月の桂様

           コメントをありがとうございます。

           反応はそこそこあると思っていましたが、ここまで来るかという感じです。みなさん、伊藤詩織さんの問題に興味があるんだなというのは思います。

           事実を淡々と伝えていくことが最も大事ではないでしょうか。これからも情報発信を続けていきたいと思います。

  2. アバター 宗像代謝 より:

    中島さんは本当に素晴らしいですね。いつか中島さんのスピリチュアルカウンセリングを受けてみたいです。

  3. アバター 名無しの子 より:

    まさに、納得の動画ですね。
    伊藤派は「これは、人それぞれだ」とか「そうとは限らない」とか言って、木村さんをはじめ、私達の意見に反論してきます。それはもちろん自由なのだから、構わないのですが、人間として自然にわきおこる感情を、ないがしろにしているようにも思えます。
    木村さんの指摘した、①③における生理的な嫌悪、②④⑤における加害者を遠ざけたい心理 ⑥における愛するものへの感情、そして中嶌さんが指摘した、復讐に対する恐怖。それらは理屈ではなく、自然にそうなってしまうものだと思います。事件を検証する上で、決して侮れない、そういった人間の自然の感情や行動。この事件は決して推理小説などではなく、実際に起こった生々しい出来事なのだということを、うっかり忘れないようにしたいものです。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>名無しの子様

       コメントをありがとうございます。

      >>この事件は決して推理小説などではなく、実際に起こった生々しい出来事なのだということ

       これに尽きますね。机上の架空事例を論じているのとは違いますから。多くの方は分かっていると思うのですが、そう考えない、考えられない人も、一定数存在するということなのでしょうね。

      1. アバター ミツコ より:

        まぁ、伊藤さんの本を読んで「美人局だ」「韓国の陰謀だ」と思う人もいますし、人間の想像力には限りがありませんね。

  4. アバター 野崎 より:

    青地イザンベール真美(1967~)とは、日本の左翼活動家。 SEALDsの派生団体MIDDLEsの中核メンバー。

    松田氏の記事を知られては困るらしい。
    以下、 松田氏のツィッターより。

    >青地イザンベール まみ
    @aojimami1
    >記事が拡散されることを防ぐためにRTしないが、shame on youとしか言いようがない。
    >性被害者はこうふるまわなければならないと決めつけた伊藤詩織さんへの誹謗中傷>に抗議します。こんな写真すら掲載したくないが

    以下ネットより引用
    青地イザンベール真美(1967~)とは、日本の左翼活動家。 SEALDsの派生団体MIDDLEsの中核メンバー。

    以下同じく松田氏のツィッターより、論理の体をなしていない、矛盾である。松田氏批判者に多く見られる論理(?)である。「

    >わきまえないちゃん
    >@kurepatosansei

    >伊藤詩織さんをこれ以上苦しめるな。 悪質なレイプ神話で日本の女性を苦しめるな。
    被害者はみんな別人格です。当然事件後の反応は様々です。 これ以上馬鹿にするな。

    >@Kyo72094594
    >性被害者といっても、ひとつとして同じ被害はないのに、このように性被害者を利用して詩織さんをバッシングするなんて愚劣!

    ⇓⇓⇓
    被害の形や反応は様々であると主張する、それならば木村氏の主張もその一つであるだろう。
    それを認めず松田氏が記事にしたこを誹謗中傷、攻撃であるとする。
    誹謗中傷ではない、攻撃ではない、多くの者が持つ伊藤氏への疑問を確認する意味での記時であった。

    伊藤氏支持者はほぼ同じ反応をする。

    事実は誰にも解らない、にもかかわらず、
    山口氏をレイプ犯とし伊藤氏の主張は受け入れる。

    伊藤氏に対し疑念をもつものは認めない、かつ攻撃する。暴力性がある。
    つまり言論の自由を否定する。

    伊藤氏への疑念は誹謗中傷だとするも山口氏への誹謗中傷は問題にしない。ダブスタである。
    この問題をを政治問題化し、そして彼らの価値観による社会変革へとつなげようとする、
    同じ価値観のマスコミと呼応する。

    総体として彼らはファシストなのだ。
    伊藤氏支持勢力の中核を成すプロ組織、プロ市民としてのファシスト、そのシンパサイダーとしてのファシスト達、その資質を有する予備軍達なのである。

    御返信は不要です。

    1. アバター ジン より:

      あの、このコメントは名誉毀損にはならんのー?

      1. アバター 野崎 より:

        ジンさん

        コメントの意味がよくわからない、、

        1名誉棄損に該当するか?
        2名誉棄損で提訴されるか?

        ファシストをネオファシストんしようかと思ったんだ、でもネオって古いし、

        東西冷戦のころは左翼、右翼の概念は一応あった、社会、共産主義対自由主義、資本主義と、

        今いうところの保守、革新、リベラル、グローバリストの概念はあいまいだ。
        近代国家(その構成要件)を否定する、破壊する、という意味においてはファシズムだ(米国大統領選を見ればわかる)、しかしいわゆるファシズムとも違う、

        で、ネトファシストと、
        これだと言われた方は何のこっちゃいと、名誉棄損になるか判断できない。
        でもコメントを呼んだ方からネオファシズムって何ですか?と聞かれたら、、

        まっ専門家でもないので体系的に整理できてはいない。
        姜尚中氏が反グローバリズム(現グローバリズムと実態は同じ)には体系化された思想はないと、ある訳が無い。

        かれ等自身目標、目的とするものがわからない、まずその前に破壊だ、
        いや目的などないのかもしれない。

        2に関しては伊藤詩織しがツィッターのいいねボタンを押した者を提訴すると、その可能性よりかなり低いと思う、、
        俺はファシスト呼ばわりされた!と

        で提訴されたら老後の暇つぶしと、それはやりたいことの一環でもある。

        松田氏のサイトではHNだが別なサイト、ツィッターでは本名を名のっている。
        受けてたつぜ!

        数年前、罵詈雑言を浴びせてくる奴に電話番号表示して連絡して来いと。
        非通知は受けないよ、で、連絡なし。

        凶暴性のあるジジイなんだな、、

        青地女史が自分のツィッターで相手に匿名は卑劣だ、本名を名のれ!と
        でお相手の方が名のったら、態度が豹変、ペコペコに近い、、

        名のった漢はどんな漢なのか、
        凶暴性などない落ち着いた度量の有る侠気のある漢なのか、、な、、

      2. アバター 野崎 より:

        ジンさん
        忘れました
        1も該当しないと思います(その根拠は割愛)

        失礼しました。

  5. アバター 侍品 より:

    小生一つ確認したいのだが、先生は、木村さんの裁判記録…判決文を確認したでござるか?

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>侍品様

       性犯罪被害者のプライバシーの秘匿のため、出せる情報は最低限に抑えています。どのような裏付けを取ったのかも、プライバシーの保護を最優先に、できる範囲までとしています。

       被害写真を出し、現在の本人の姿を出し(首から下)、被害者でなければ語れない内容を見てもまだ、その存在を疑う人には、何も言っても無駄でしょう。そういう人も世の中にはいますから、どうぞご自分の解釈でというだけです。

      以上、他のコメントからコピー&ペースト

  6. アバター 元帥 より:

    論点を整理したいのですが、実名で訴えることと、匿名で訴える事、松田さんはそれ自体どちらが良い悪いという立場でないのはOK?あと、松田さんは、伊藤さんを法的に問題ありとして批判してるのか、道徳的に問題ありとして批判してるのか、その両方なのかがわからんとです。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>元帥様

       わかるまで読んだらいかがでしょう。どう解釈するかは読者の勝手です。僕は解釈を強要するようなことはしません。

  7. アバター ビックル より:

    今度図書館等で木村さんの事件を調べてきます。強姦致死傷罪で3年6ヶ月は安すぎる…仮に加害者が心神耗弱で、すぐに自首して、初犯で示談金が支払われていたとしてもです。時間はかかるけど、これは白黒つけんと。

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>ピックル様

       本文の趣旨を理解してもらえないのは残念です。

       Twitterでこういうことを示している人もいます。
      https://twitter.com/yvaindeTroyes/status/1362385756862377986

      1. アバター ビックル より:

        え?出典が明記されてないのですが?図書館で調べてきます。まず、この方のデータの真偽を確認します。

        1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

          >>ビックル様

           図書館に判例があるとは思えませんが、そうするのはあなたの勝手です。

           調べた結果と木村さんが一致するか等の問い合わせには答えません。それ以前に、そうした質問自体、公開しません。

           そのことをもって実在しないなどの主張をするのは勝手ですが、場合によっては法的な措置を取る場合があります。

           以後、これに関する質問や意見は公開しません。他の名前を使っても同一人物ではないかと疑われる場合も同様です。

          1. アバター 月の桂 より:

            月様

            〉松田様によれば、「疑問を呈する」ことはなんの問題もないのですし、

            疑問を呈することと、被害者を特定しようと行動することは別です。
            以上。

        2. アバター 月の桂 より:

          ビックル様

          〉この方のデータの真偽

          被害者を特定しようとするあなたのような方がいるから、性犯罪被害者は身を潜め、息を殺すように暮らさなければならないのです。あなた自身が被害者、あなたの大切な方が被害者、だったら…と想像してみて下さい。

          1. アバター より:

            このような「合理的な疑問」が噴出するのは、松田様が、取材源秘匿を保持しつつ記事の信憑性を高めるという、ジャーナリズムの基本動作を放棄しているからです。

            松田様によれば、「疑問を呈する」ことはなんの問題もないのですし、また、松田様は上田24さんのインタビューに対して、このような反応があることを予想していた、とまで発言しています。記事を執筆した時点で、木村さんに対して疑いの声が上がることを予想済みであったのに特に対策も取らなかった、ということです。

          2. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

            月の桂様、横から失礼します。

            >>月様

            >>記事を執筆した時点で、木村さんに対して疑いの声が上がることを予想済みであったのに特に対策も取らなかった、ということです。

             性犯罪被害者のプライバシーの秘匿のため、出せる情報は最低限に抑えています。どのような裏付けを取ったのかも、プライバシーの保護を最優先に、できる範囲までとしています。

             被害写真を出し、現在の本人の姿を出し(首から下)、被害者でなければ語れない内容を見てもまだ、その存在を疑う人には、何も言っても無駄でしょう。そういう人も世の中にはいますから、どうぞご自分の解釈でというだけです。

            以上、他のコメントからコピー&ペースト

        3. アバター ゆり静流 より:

          このデータは最高裁判所の資料です。別紙4 アドレスを見てください。
          https://www.courts.go.jp/saikosai/vc-files/saikosai/file3/80803004.pdf

  8. アバター スミス より:

    性犯罪者被害者の存在を疑う事が侮辱というのは、木村さんが性犯罪の被害をにあったことを疑う事も侮辱にあたるということですか?松田さんは、木村さんに取材したとの事ですが、裏付けをジャーナリストとしてきちんとやりましたか?具体的には木村さんから話を聞き、写真等を確認するだけでなく、事件そのものの有無を裁判記録等を閲覧するなどして確認しましたか?

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>スミス様

      >>性犯罪者被害者の存在を疑う事が侮辱というのは、木村さんが性犯罪の被害をにあったことを疑う事も侮辱にあたるということですか?

       本文をよく読んでください。

      >>確認しましたか?

       確認したかどうかを書いていないから、その事実を疑うというのであれば、そういう解釈でどうぞ。解釈はそちらの自由です。

      1. アバター スミス より:

        まさか、木村さんの話と、木村さんが出した写真だけで記事書いたわけではないよね?

        1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

          >>スミス様

           前に答えたとおりです。

           意味のない質問をこれ以上するのであれば、これ以後は公開しない場合があります。

    2. アバター 月の桂 より:

      スミス様

      〉裏付けをジャーナリストとしてきちんとやりましたか?

      失礼ではありませんか。
      裏付け無しで記事にするなら、ジャーナリストではありません。
      コメントされるにしても、礼儀はわきまえて下さい。

      1. アバター テポ より:

        月の桂様

        松田様は、どんな裏付けをとったか説明するつもりはない、と断言しているので、その部分への「疑問」は甘受しなければならないでしょう。

        松田様自身が伊藤さんへの疑問はドンドン表明されているわけですから。「疑問を呈して何が悪い」と。

        1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

          月の桂様、また、横から失礼します。

          >>テポ様

          >>松田様は、どんな裏付けをとったか説明するつもりはない、と断言している

          この部分、誤解を招きかねないので、以下の文をコピー&ペーストしておきます。

          「性犯罪被害者のプライバシーの秘匿のため、出せる情報は最低限に抑えています。どのような裏付けを取ったのかも、プライバシーの保護を最優先に、できる範囲までとしています。」

           何度も言っているように、「被害写真を出し、現在の本人の姿を出し(首から下)、被害者でなければ語れない内容を見てもまだ、その存在を疑う人には、何も言っても無駄でしょう。」ということです。

           テポ様が、僕が被害者の保護を目的として情報の開示を控えている部分を「だから、記事は信用できない」と主張するのは勝手です。そして、その場合、テポ様をはじめ、そのような人たちを「よほど理解力がないのか、何らかの政治的目的をもってそのように主張しているのか、どちらかだろうな」と周囲が解釈するのも勝手ということです。

           僕は解釈を強要することはありません。

           月の桂さんへのコメントですが、既にやりとりしていることの繰り返しになっているので、この件ではこれ以上、公開しません。ただし、月の桂さんによる反論は適切な反論権の範囲と判断してアップすることがあります。

        2. アバター 月の桂 より:

          テポ様

          〉松田様は、どんな裏付けをとったか説明するつもりはない、と断言

          説明しないのは当然です。その理由として、被害者の秘匿について、何度も何度も何度も、松田さんが説明しています。
          疑問を呈するのは自由ですが、取材に関わる全てを伝えられないことは理解しなければならないでしょう。
          以上。

  9. アバター 世田谷 より:

    いや、木村さんの話をどの程度ウラを取ったのか、くらいは当然説明できて然るべきだと思いますが。説明できないけど信用してくれる人だけ相手にする、というのが松田様のスタイルならば、伊藤さんを批判する資格はないのでは?

    1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

      >>世田谷様

       性犯罪被害者のプライバシーの秘匿のため、出せる情報は最低限に抑えています。どのような裏付けを取ったのかも、プライバシーの保護を最優先に、できる範囲までとしています。

       被害写真を出し、現在の本人の姿を出し(首から下)、被害者でなければ語れない内容を見てもまだ、その存在を疑う人には、何も言っても無駄でしょう。そういう人も世の中にはいますから、どうぞご自分の解釈でというだけです。

       「おれは納得しない。証拠を見せろ。見せられなければ信じない。信じない相手がいるのに、お前は伊藤詩織を批判できない」と考えているのであれば、それはあなたの自由ですからどうぞ、そのように考えてください。

       被害者を特定しようという試みと思われる言動にはこれ以上付き合えませんから、今後、同種の質問や意見は公開しないことが多いと思います。

      1. アバター 世田谷 より:

        私は木村様のプライバシーに興味があるのではなく、松田様がどのようにウラ取りをしたのかについて興味があるだけです。例えば、木村様の訴訟の記録を読んだ、とか木村様の身体に残る傷を現認した、とか色々あるでしょう。事件番号を書けとかそんな非常識なことは誰も要求していません。

        その辺りを明らかにすることは、松田様の情報の信頼性を上げることはあっても、木村様のプライバシーを暴くことにはならないと思いますが。

        1. 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵 より:

          >>世田谷様

          前にも書いた通りです。

          「性犯罪被害者のプライバシーの秘匿のため、出せる情報は最低限に抑えています。どのような裏付けを取ったのかも、プライバシーの保護を最優先に、できる範囲までとしています。」

          被害者のプライバシーと情報の信頼性の証明というせめぎ合いの中で、プライバシー保護ができるギリギリまで情報を出すことで対応しています。それが情報の信頼性が不十分だと考えるのであれば、それはご自由に、ということです。

          僕の記事、情報の信頼性を上げることよりも、性犯罪被害者のプライバシーを秘匿することが優先されるという判断です。それによって信頼性が上がらなかったとしても、それは仕方がありません。

          もう繰り返しの説明はしませんから、この件はこれが最後です。

        2. アバター 月の桂 より:

          世田谷様

          〉松田様がどのようにウラ取りをしたのかについて興味があるだけです。

          それを公開することがわかっていたら、木村様は取材に応じなかったと思います。
          興味本意で探る輩から、木村様を守るのもジャーナリストの仕事です。

  10. アバター 名無しの子 より:

    つらいセブンさま
    パヨクの方々が、まきちらしているそのツイートの内容が、本当なのかは、私にはわかりません。でも、仮に本当だとしますね。
    では伊藤氏が「日本で育つと誰もが性被害者」「日本の女子高生は、毎日電車で精液をぶっかけられる」などと発言した事に関しては、いかがでしょうか。一人のユーチューバーが、自分の性生活をネットでつぶやく以上に、世界の100人に選ばれたジャーナリストが、海外の公共放送で、日本の現状として発言する方が、余程、影響力があると思いますが(しかもその内容が真実だとは、とても思えませんし)。
    また伊藤氏は、ポリアモリー(フリーセックス)を推奨するような動画に出演しています。一人のユーチューバーが自分の性生活についてツイートすること以上に、ハレンチで問題があると、私は思いますが。
    どちらも私の「個人的な感覚」です。感覚は自由だと思いますので、批判や疑問は、結構です!

    1. アバター 名無しの子 より:

      上の投稿はある投稿の返信です。尚、元の投稿は問題があったため、削除されました。一生懸命に書いた返信だった為、あえて消さずに、残しておくことに決めました。

      1. アバター 月の桂 より:

        名無しの子様

        初めまして。
        いつも、お優しいコメントをなさる方だな~と思って拝読しております。

        「つらいセブン」なる方の書き込みは、ゆかさんを貶める目的だと読めました。
        おそらく、山口氏の陳述書(性交に至った状況)を読んで書いたのでしょうから、山口氏、伊藤氏に対しての侮辱でもあります。情報提供を装いつつ、人を貶めるという、悪質極まりない人物だと思いました。

        1. アバター 名無しの子 より:

          月の桂さま
          私のことをそのように思っていただいて、どうもありがとうございます。私の方こそ、あなたのことを「純粋で、まっすぐで、思いやりのある方だ」と、感じていました。いつも、いろいろなことを気づかせていただいています。
          でも、いろんな人がいるものですね。正義に燃える方、思いやりあふれる方、思いがけない不幸に苦しむ方、それらの方々の気持ちを踏みにじるような行為は、許されませんね。
          これからも、共に頑張っていきましょう。どうぞよろしくお願いします。

      2. アバター 名無しの子 より:

        人はよく、ちょっぴりエッチなことを言ったりして、場を和ませたり、周りの人を笑わせたりします。それは、下品などでは決してなく、ユーモアやサービス精神などからくる、一種の思いやりなのだと思います。自分をネタにしている限り、セクハラには当たりませんからね。
        でも、その部分だけを切り取り、仲間うちでさらし、嘲り、笑い者にするということは、その方がはるかに、下品で思いやりに欠ける行動なのだと、私は思います。
        事件の内容ゆえに、どうしてもセクシャルな方向に行ってしまいがちですしね。時に、お笑いのネタでもいれないと、直視出来ないこともありますよね。

        今回のことで、人間としての品格とは何かを、改めて、考えさせられました。これも、一つの勉強にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。